CSCD

参加型プログラム知デリ

知デリ inアップルストア心斎橋 「ひと×人 幸福論」

〜アート&テクノロジー:知術研究プロジェクト〜

日 時:2011年9月29日(木)18:00-20:00
ゲスト:小山田徹(美術家・京都市立芸術大学准教授)
    上田晶子(開発学:ブータン研究・大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授)
場 所:アップルストア心斎橋2Fシアター
   (大阪市営地下鉄「心斎橋」駅下車 御堂筋周防町交差点の角)
定 員:50名(当日先着順)
備え付けの座席は25席になります。それ以降は立ち見になりますので予めご了承ください。
※参加無料/事前申込み不要

■「ひと☓人 幸福論」
いい会社に就職したら、結婚して、子どもつくって、家を買い、あとは、安定した老後をおくる。たしかに、それもひとつの幸福のかたちではあります。けれども、いま、生活するわたしたちそれぞれの視点から、豊かであるということを、とっくりと考えてはみませんか、アーティストとして色々な人にオープンな場を作りつづけている小山田徹さんと、GNH(国民総幸福量)を政策の基本にするブータンを研究する上田晶子さんをゲストにむかえ、会場をまきこみながら、これからの多様な生き方を考えます。

■ゲストプロフィール
小山田 徹(こやまだ・とおる)(美術家/京都市立芸術大学准教授)
1961年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学日本画科卒業。84年、友人たちとパフォーマンスグループ「ダムタイプ」を結成。主に企画構成、舞台美術を担当。90年からは、コミュニティセンター「アートスケープ」や「ウィークエンドカフェ」、移動式屋台カフェなどの企画制作、コミュニティカフェである「Bazaar Cafe」の立ち上げに参加し、現在もさまざまな共有空間の開発をおこなっている。「浮遊博物館」(2009年)など展覧会にも多数参加、監修。

上田晶子(うえだ・あきこ)(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授)
1970 年北海道生まれ。ロンドン大学で開発学博士号を取得。在インド日本国大使館、国連開発計画ブータン事務所での勤務を経て、2007 年より大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授。最近は、ブータン農業省と共同で、フードセキュリティに関する研究を中心に行っている。主な著作に、『ブータンにみる開発の概念』(明石書店)ほか。ブータンでのライス・バンクの取り組みなど、研究を実践につなげる活動にも積極的。

■「知デリ」とは?
「知デリ」とは、科学技術・臨床・哲学・アート・減災など、多岐にわたる分野のメンバーで構成する大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)が、学内外の施設とコラボレーションし、多彩なゲストの対談を通して「表現」や「技術」に関する知術を社会に還元(デリバリー)するトークプログラムです。2007年度から学生主体での企画を実施し、本プログラムに関しても有志学生が企画しています。(http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/chideri/

=============================
企画:知デリ学生スタッフ(入山明日香 落合智弘 岡直哉 鈴木寛和 鈴木竜太 松延徹人 米田千佐子)
制作:CSCDワーキングメンバー(木ノ下智恵子 久保田テツ 小林傳司)
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
制作協力:NPO recip [地域文化に関する情報とプロジェクト]

問い合わせ:
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
大阪府豊中市待兼山1-16 大学教育実践センター教育研究棟1-4階
TEL: 06-6850-6111(豊中キャンパス代表)
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/