CSCD

参加型プログラムラボカフェ

トークシリーズ2「山本高之の仕事ー日常と子どもと創造性」

サーチプロジェクトvol.1.5

トークシリーズ2「山本高之の仕事ー日常と子どもと創造性」

日時 2012年6月21日[木]19:00-21:00
場所 アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 山本高之(アーティスト)
進行 木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員、大阪大学CSCD教員)

様々な地獄の設定の物語と風景のオブジェを子ども達がつくって語る「どんなじごくへいくのかな」。 動物園のアジアゾウやホッキョクグマなどの前で、その生活ぶり歌う「どうぶつたちの一週間」など。子どもが交わす会話や遊びに潜む創造的な感性を通じて、人が創りだす特殊な社会制度や慣習などをシニカルに描く山本高之氏。作品紹介を踏まえて着眼点や制作手法などについてお話し頂きます。

※こちらのプログラムは、サーチプロジェクトvol.1.5の一環として実施します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。