CSCD

参加型プログラムラボカフェ

科学技術イノベーション「イノベーションと大学の役割-アメリカの事例から」

科学技術イノベーション「イノベーションと大学の役割-アメリカの事例から」

日時 2012年7月19日[木]19:00-21:00
場所 アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定員 50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト 宮田由紀夫(関西学院大学国際学部・教授)
カフェマスター 神里達博(大阪大学CSCD教員)
主催 公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)

科学技術が社会にとってより良いものとして発展していく条件とは何か?各界で活躍するフロントランナーをお招きし、「社会の中のイノベーショ ン」という観点から刺激的な時を共有するこのシリーズ、第2回は、関西学院大学の宮田由紀夫さんに、イノベーションをめぐる「大学の役割」につい て伺います。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。