CSCD

参加型プログラムラボカフェ

研究ときめき*カフェ「マグネシウムと生命:がん研究から明らかになってきた意外なつながり」

研究ときめき*カフェ「マグネシウムと生命:がん研究から明らかになってきた意外なつながり」

日時 2012年12月18日[火] 18:30−20:00
場所 アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定員 40名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト 三木裕明(最先端・次世代研究開発支援プログラム採択者/大阪大学微生物病研究所教授)
カフェマスター 岩崎琢哉(大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室URA(アウトリーチ担当)・特任研究員)
主催 大阪大学学術研究機構会議
共催 大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室

がんの不気味さの源泉ともいえる<転移現象>。三木さんは、細胞内マグネシウム量の制御のしくみに着目して、がんの転移現象に直結する独創的な研究に取り組んでいます。マグネシウムに着目する理由や最新の研究成果など、がんに関わる基礎研究の話を聞けるチャンスです。どうぞこの機会をお見逃しなく。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。