CSCD

参加型プログラム参加型プログラム

「シリーズ:適正技術」第1回ワークショップ

「Design for Life―地域が変わるものづくり」

appropriate technology WS131011.jpg

「シリーズ:適正技術」第1回ワークショップ「Design for Life―地域が変わるものづくり」開催のお知らせ


〇日時:10月11日(金)18:00~20:00
〇場所:大阪大学ステューデント・コモンズ1F 開放型セミナー室(豊中キャンパス)
 ・CSCDが入っております建物の1階となります。
 ・CSCDへのアクセスマップ:http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/access/toyonaka.php
〇参加対象:
・大阪大学学生(学部学生・大学院学生)
・大阪大学教職員
・その他の大学学生、一般(とくに「地域が変わるものづくり」の実践に関心がある方)
〇定員:40人
〇参加:無料、事前申し込み要(当日参加も可能です)
※申込方法は、下記のとおりお願い致します。
・件名:「10/11ワークショップ参加」
・本文:1)お名前、2)ご所属
・宛先:stips-info★cscd.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください)
〇ゲスト講師:渡邉さやか(一般社団法人re:terra(リテラ)代表)
〇ファシリテーター:西村勇也(NPO法人ミラツク代表理事)
〇対談ゲスト:
・敦賀和外(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授)
・津田和俊(大阪大学大学院工学研究科創造工学センター助教)
〇主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
〇共催:大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)NPO法人ミラツク

「シリーズ:適正技術 Design for Life」では、国内外での社会貢献、ものづくり、ビジネスの領域をつなぐ「適正技術」について、ワークショップや実践を通じて考えていきます。

第1回のワークショップは、3つのステップに沿って、「地域が変わるものづくり」について考えます。①途上国でのビジネス開発事業や国内の地域活性事業に取り組んでおられる一般社団法人re:terra(リテラ)代表の渡邉さやかさんをゲスト講師としてお招きし、「地域が変わるデザイン」についてお話を伺います。②ゲスト講師の渡邉さんと、ものづくりや国際協力を専門とする大阪大学教員の対談を行います。③NPO法人ミラツク代表理事の西村勇也さんをファシリテーターに、フロア全体で議論します。これらのステップに沿って、地域コミュニティが抱える課題の解決のために、技術をどのようにデザインすべきか、皆さまと共に考えていきます。

※ 第1回ワークショップ後、技術を用いた課題解決に取り組みたい学生を募集します。12月(予定)には、関西エリアにおいて、教員と学生によるフィールド調査も実施する予定です。ご関心のある方、当日、ご応募お待ちしております。

※ 本ワークショップは、CSCDの「適正技術教育プログラム開発」プロジェクトの一環として開催します。

〇ゲスト講師の紹介:
渡邉さやか(一般社団法人re:terra(リテラ)代表)
国際基督教大学アジア研究専攻。東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム修了。11歳の時に初めて訪れたネパールで、「豊かさとは何か」について考え始め、途上国に関心を持つ。国際協力の世界を目指していたが、大学院時代に「民間企業のもつリソースやスピード感をもっと国際協力の分野、あるいは社会課題解決のために活用していくことができないか」と考え、大学院修了後にコンサルタント会社に就職。2011年6月に会社を退職し、本格的に被災地に関わるようになり、日本国内の課題や地域活性化にも関心をもつようになる。活動する中で、「日本の地域活性」と「途上国での事業開発」には共通点があると感じ、そこでの課題もつながっていると考え、両地域に関わるようになる。政府や援助機関、大企業や中小企業、起業家やNGOなど、ぞれぞれの立場から社会課題を見つめ、共に協力し合えるような、優しく持続的な「個」と「事業」の開発・構築を目指す。
2010年NPO法人soket設立、理事。2011年7月より一般社団法人IMPACT Japanの東北復興ディレクター。2011年11月一般社団法人re:terra設立、代表。

〇ファシリテーターの紹介:
西村勇哉(NPO法人ミラツク代表理事)
大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、NPO法人ミラツクを設立。
2008年から始めたダイアログBarの取り組みには2年半で1500人が参加。2011年5月から次世代を担うユースリーダーの育成を目指す"Art of Social Innovation"の取り組みを開始。2012年11月から社会課題の解決を目指すプロジェクトリーダー向けワークショップ"Design for Social Innovation"の取り組みを開始。
また、2011年よりソーシャルビジネス事業者、NPOリーダーを中心に、大学教員、行政職員、企業CSR、デザイナーなどが加わるソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりの取り組みを開始。全国各地で、次世代を担う社会的なリーダー&イノベーターの育成とセクターを超えた協力を生み出すためのマルチステークホルダーの対話の場づくりに取り組む。

カテゴリ:, ,
テーマ:,
投稿者:辻田 俊哉