CSCD

参加型プログラムラボカフェ

オープン・ミーティング「震災とアーカイブ〜3がつ11にちをわすれないためにセンターの試み」

オープン・ミーティング「震災とアーカイブ〜3がつ11にちをわすれないためにセンターの試み」

日 時:2014年1月17日[金] 19:00ー21:00
場 所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定 員:30名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト:甲斐賢治(せんだいメディアテーク主幹兼企画・活動支援室長)
カフェマスター:木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員)

阪神淡路大震災から19年、東日本大震災から4年目を迎える今年。未曾有の事態に直面した"私たち"は、甚大な影響に対して向合い、復興への長い道のりを歩み出すために、様々な試行を続けています。せんだいメディアテークでは2011年5月3日より、「発信はさまざまな支援活動を応援し、記録は未来への財産となるように」というテーマを掲げて、「3がつ11にちをわすれないためにセンター」が開設されました。その立ち上げメンバーの甲斐賢治氏より様々な実践をお話し頂き、皆様とともに"震災とアーカイブ"についての考察を深めたいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。