CSCD

参加型プログラムラボカフェ

アートと私たちを考える「〈路上〉の表現から都市を問い直す」

中之島哲学コレージュ

アートと私たちを考える「〈路上〉の表現から都市を問い直す」

日 時:2014年2月25日[火] 19:00ー21:00
場 所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定 員:50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト:山森裕毅(大阪大学CSCD招へい研究員)
進 行:荻野亮一(大阪大学大学院文学研究科博士前期課程)
カフェマスター:本間直樹(大阪大学CSCD教員)、松川絵里(大阪大学CSCD特任研究員)
共 催:カフェフィロ


都市が計画的に整備されるにつれ、それにふさわしくないとされる事物やひとは排除されてきました。今回は、そのように都市の内で不可視化されたものの拠点としての〈路上〉をめぐり、これまで特に〈路上〉における表現としての「グラフィティ」を中心に論じてこられた山森裕毅さんをお迎えし、都市、〈路上〉、表現について考えます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。