CSCD

参加型プログラム知デリ

知デリin阪急うめだ祝祭広場 -知術ノマドカラミタ-創発のフィールド

アート&テクノロジー 知術研究プロジェクト

知デリin阪急うめだ祝祭広場 -知術ノマドカラミタ-創発のフィールド

日時:2014年2月28日(金)18:30-20:30(30分前から受付開始)
会場:阪急うめだ本店9階 祝祭広場(大阪市北区角田町8−7)
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/map/index.html/
ゲスト:藤浩志(美術作家・十和田市現代美術館副館長)
    藤本仰一(生物物理研究者・大阪大学 理学研究科 准教授)

入場無料・入退場自由

■ -知術ノマドカラミタ- 創発のフィールド
人々のライフスタイルが、かつてない速度で変貌を続ける現代。クリエーションの現場も、あらゆる領域へと広がっています。それは、国境や文化の壁のみならず、サイエンスかアートか、またテクノロジーかといったジャンルをも越境します。そうやってラボやアトリエを後にしたクリエイター達は、いうなれば「知術のノマド」。日々、世界のあらゆるサイトで、創発の機会を探る旅を続けているのです。むろん、グローバルに均質化した世界に迎合するわけではありません。グローバリズムがむしろ陳腐化した今だからこそ、彼ら/彼女らは、ローカルな個々のフィールドに価値を見いだすのです。今回の「知デリ」は、そんな"イマ、ココ"を自由に行き来しながら、"多様な知術の窓"を開放する、美術作家と生物物理学者をお招きし、新時代の<創発のフィールド>をテーマに対話を繰り広げます。

■ゲストプロフィール
140210_fuji_fujimoto.jpg藤浩志(美術作家・十和田市現代美術館副館長)
1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。パプアニューギニア国立芸術学校勤務。都市計画事務所勤務を経て92年、藤浩志企画制作室を設立。在学中から地域社会を舞台とした表現活動を志向し、様々な対話と地域実験を重ねる。主な作品や活動には「ヤセ犬の散歩」「お米のカエル物語」「Vinyl Plastics Connection」「Kaekko」「藤島八十郎をつくる」等、全国各地で地域資源・適正技術・協力関係を活かした活動の連鎖を促す美術類のデモンストレーションを実践している。

藤本仰一(生物物理研究者・大阪大学 理学研究科 准教授)
1972年東京生まれ。2001年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。カオス理論や複雑系の物理学を専門とし、細胞の社会や人間の社会など、複雑でダイナミックな生命システムの振る舞いに共通する法則を、計算機シミュレーションを通じて探索している。さらに、環境や社会のさまざまな変化に対して、人々が柔軟に対応していく仕組みの自然発生にも関心が深く、クリエイターと活動のフィールドとの関わり方に特に興味がある。自身もアーティストと共同での作品制作等を行う。

■アート&テクノロジー 知術研究プロジェクト「知デリ」とは
「知デリ」とは、科学技術・哲学・アートなど多分野の専門家で構成される大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)が、大学と社会が連携して「知術」を人々に還元 (デリバリー)するトークプログラムです。ここでは、さまざまな領域で活躍される方々と対話の機会を設け、各々の専門分野における「知識」や「技術」を参加者の方々と横断・交換することを通して、 新しい発想の創出やアイデアの実現に繋げることを目指しています。2007年から始動した本プロジェクトは、研究者とアーティスト、文系と理系など、異なる専門領域の第一線で活躍するゲストを迎え、対話プログラムを実施しています。また、2008年からは学生も参加者し、企画運営を実践しています。

主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPs)、
企画制作 CSCDワーキングメンバー(小林傳司・神里達博・木ノ下智恵子・久保田テツ・辻田俊哉・山内保典)

問合せ先
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
〒560-0043 豊中市待兼山町1-16 全学教育総合棟Ⅰ-4階
電話:06-6850-6632(平日9:00-17:00)
Email=contact_chideli★cscd.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください。)
URL=http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/