CSCD

参加型プログラム知デリ

知デリ in 萬福寺「めひらくひらめき―アートと薬からみる発想転換の方法ー」

アート&テクノロジー知術研究プロジェクト

20140321_2.jpg

■日時:2014年3月21日 (金・祝) 17:30 -19:30
 (17:00より開場・受付。入退場自由。)

■会場:萬福寺(大阪市西区南堀江1-14-23 )

■定員:50名程度(当日先着順/無料)

■ゲスト
鈴木康広(アーティスト/武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師/東京大学先端科学技術研究センター特任研究員)
中川晋作(大阪大学大学院薬学研究科教授)


めひらくひらめき―アートと薬からみる発想転換の方法ー

見方が変われば、世界も変わる。
私たちの思考や行動はつい"常識"や"慣習"に縛られて、目の前にあるもの・ことの可能性や本質を見逃してしまいます。
少し視点を変えてみると、違う景色が見えるはず。

従来の薬の概念を超え、貼るワクチンや細胞医薬のような、より効果的に病に効き、副作用の少ない薬を研究する中川晋作さんと、柔軟な発想から生まれたイメージを、身近なものを使って作品という形に具現化し、新鮮な驚きと思索の種を生むアーティスト鈴木康広さん。鮮やかにその"常識"や"慣習"から解き放たれる瞬間を知るお二人の対談を通して、視点をずらす方法やその先に見えるもの、アイディアを形にする方法や発想の源に迫ります。


■ゲストプロフィール

鈴木康広(アーティスト/武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師/東京大学先端科学技術研究センター特任研究員)
1979年、静岡県生まれ。アーティスト。2001年NHKデジタル・スタジアムにて発表した、公園の回転式遊具を利用した映像インスタレーション『遊具の透視法』が年間の最優秀賞を受賞したことをきっかけに、国内外の多数の展覧会に参加。代表作に《まばたきの葉》(2003)、《ファスナーの船》(2004)、《空気の人》(2007)など。作品は美術館にとどまらず、パブリック・スペースや空港、商店街、海など様々な場所に飛び出している。一番好きな言葉は「まばたき」。現在、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。
本人ウェブサイト

中川晋作(大阪大学大学院薬学研究科教授)
1959年、奈良県生まれ。大阪大学大学院薬学研究科教授、博士(薬学)。 アカデミックな世界に身を投じるきっかけは、「研究はロマンの追求である」という恩師の言葉。恩師の座右の銘、「仕事をするからには一流であれ。一流であるために努力することに激烈であれ」に刺激され、ロマンを求めて激烈に研究に打ち込んできた。趣味は、日曜大工。専門は、Drug Delivery System研究。 主な研究テーマは、癌免疫療法と経皮ワクチン。2004年日本DDS学会永井賞、2008年CRSJorge Heller Journal of Controlled Release Best Paper Award
研究室ウェブサイト


アート&テクノロジー 知術研究プロジェクト「知デリ」とは?

「知デリ」とは、科学技術・哲学・アートなど多分野の専門家で構成する大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)が、社会と連携しながら「知術」を人々に還元 (デリバリー)するトークプログラムです。ここでは、さまざまな領域で活躍される方々と対話の機会を設け、各々の専門分野における「知識」や「技術」の横断・交換を通して、 新しい発想の創出やアイデアの実現に繋げることを目指しています。
2008年からは学生主体での企画を実施し、本プログラムに関しても有志学生が企画しています。

Twitter:cscd_chideli
facebook:chideli


======

主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
企画制作:知デリ学生スタッフ(安藤歴・佐々木啓・鈴木寛和・鄭実香・鳥居大嗣・中谷和生・宮内天士・米田千佐子)
     CSCDワーキングメンバー(小林傳司・神里達博・木ノ下智恵子・久保田テツ・辻田俊哉・山内保典)

問合せ先:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16
Tel=06-6850-6632(平日9:00-17:00)
Email= contact_chideli★cscd.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください)
URL=http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/