CSCD

参加型プログラム参加型プログラム

「シリーズ:適正技術」Fieldwork & Design Session

「Design for Life-地域が変わるものづくり」 <本FWは延期となりました>

140926_AppropriateTechnologyWS.png

〇 日時:2014年9月26日(金)〜28日(日)
〇 場所:滋賀県高島市朽木麻生地区
〇 内容:参加者による「地域が変わるものづくり」の実践
〇 参加対象:大阪大学学生(学部学生・大学院学生)/大阪大学教職員/その他の大学学生、一般(とくに「地域が変わるものづくり」の実践に関心がある方)
〇 定員:15人
〇 参加:事前申し込み要
〇 費用:交通費、宿泊費、食費など自己負担分有り
〇 申込方法:下記のとおりメールにてお願い致します。【締切:9月2日(火)】
・件名:「9/26フィールドワーク参加」
・本文:1)お名前、2)ご所属
・宛先:stips-info★cscd.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください)
〇 主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
〇 共催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)
〇 Facebookページ「適正技術:Design for Life」:こちらへ

※ 参加者による事前説明会
〇 日時:2014年9月8日(月)16:00〜17:00
〇 場所:大阪大学ステューデント・コモンズ1F 開放型セミナー室(豊中キャンパス)

「シリーズ:適正技術 Design for Life」では、国内外での社会貢献、ものづくり、ビジネスの領域をつなぐ「適正技術」について、ワークショップや実践を通じて考えていきます。

今回は、地域の暮らしを体験してもらうための民泊、農作業体験、地元主催の収穫感謝祭への参加など、フィールドワーク期間中でしか体験出来ないセッションが沢山あります。これらのセッションを通して、地域課題の発見から解決に向けた「地域が変わるものづくり」にチャレンジしていきます。

カテゴリ:,
テーマ:
投稿者:辻田 俊哉