CSCD

CSCDスペシャルインタビュー

多様性を保つ緩やかな組織「対話から生まれる知の可能性」

三成 賢次(大阪大学・理事(大阪大学CSCD元センター長))

多様性を保つ緩やかな組織「対話から生まれる知の可能性」

対話から生まれる知の可能性、法学研究とコミュニケーションデザインとの関係、CSCDの次のステップとは? 学士会が発行する『U7』vol.58に三成理事(CSCD元センター長)のインタビューが掲載されました。

『U7』

東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学の7大学(及びその前身の帝国大学、(旧)京城帝国大学、(旧)台北帝国大学)出身者による同窓会組織、一般社団法人学士会が発行する会報。
最新号の目次


三成 賢次(みつなり けんじ)

大阪大学・理事(コミュニケーションデザイン・センター元センター長)。


インタビュー記事をPDFファイルでお読みいただけます。
こちらよりダウンロードしてください。
『U7』vol.58、20-29頁