CSCD

参加型プログラムラボカフェ

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭 「建築がもたらす私たちの知覚」

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭 「建築がもたらす私たちの知覚」

日 時:2015年12月4日[金] 19:00−21:00
場 所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定 員:50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト:塚本由晴(建築家、東京工業大学大学院教授、アトリエ・ワン)
カフェマスター:木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)


紀元前から知られている自然光学現象を利用したカメラオブスキュラは、ラテン語で「暗い部屋」を意味します。また、日本近代文学を代表する文豪の谷崎潤一郎や川端康成などは建築空間が及ぼす感性について様々に言及しています。時代とともに変化する建築空間や技術開発と私たちの視覚・触覚や身体感覚は深く関係しているのかもしれません。そこで建築家の塚本由晴さんをゲストにお迎えし、都市の近代化、建築の西洋化、窓と光と闇など、"建築がもたらす私たちの知覚や振る舞い"について、お話しをお伺いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。