CSCD

CSCDスペシャル活動レポート

なにわ橋駅の構内でアウトリーチ

理系研究の過去・現在・未来 〜理系大学院生と共に考える未来像〜

なにわ橋駅の構内でアウトリーチ

去る11月25日、アートエリアB1(京阪電鉄なにわ橋駅構内)でラボカフェ「理系研究の過去・現在・未来 〜理系大学院生と共に考える未来像〜」が開催されました。初めて学外でのアウトリーチに挑戦したヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの受講生たち。その様子が、ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムのサイトに掲載されました。

ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム

ヒューマンウェアという新たな視点から、絶えず変化する社会環境を支え、柔軟性、頑強性、持続発展性を有するシステムを構築できる卓越したリーダー人材を、徹底した融合研究(斉同熟議)により育成するプログラム。大阪大学大学院情報科学研究科、基礎工学研究科、生命機能研究科に所属する学生を対象とし、2年次にはアウトリーチ演習を必須カリキュラムとして課している。
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムHP


ラボカフェ

京阪中之島線の新駅 "なにわ橋駅"(2008年10月19日開業)構内のコミュニティースペース「アートエリアB1」で大阪大学が開催しているレクチャー&対話イベント。
ラボカフェ


イベントレポートを以下のリンクよりお読みいただけます。
なにわ橋駅の構内でアウトリーチ


【関連記事】
ラボカフェ「理系研究の過去・現在・未来 〜理系大学院生と共に考える未来像〜」