CSCD

参加型プログラムラボカフェ

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト 「アートプロジェクトの記録と事象の当事者性〜ジョルジュ・ルース『廃墟から光へ』から」

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト 「アートプロジェクトの記録と事象の当事者性〜ジョルジュ・ルース『廃墟から光へ』から」

日 時:5月17日[火] 19:00−21:00
場 所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定 員:50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト 岸本康(映像家、Ufer! Art Documentary)
カフェマスター 木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)
支 援:JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

サーチプロジェクトvol.5「災害にまつわる所作と対話」展で上映されている映像作品「ジョルジュ・ルース『廃墟から光へ』」。この映像は、フランス人アーティストのジョルジュ・ルースが、阪神・淡路大震災後に行ったアートプロジェクトのドキュメンタリー映画です。当時は未だ稀有だった震災後の被災地におけるアートプロジェクトについて、その経緯や成り立ちや関わる人々の思いを知ることは貴重です。その全貌を収めた本作は、映画作品としても高く評価されています。今回は、本作の監督である岸本康さんをゲストに迎え、作品上映とともに、当時の状況やアートプロジェクトを記録することで事象と向き合う当事者性などについて、お話をお伺いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。