CSCD

参加型プログラムラボカフェ

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト 「記録と想起/災害とアーカイブ」

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト 「記録と想起/災害とアーカイブ」

日 時:5月27日[金] 19:00−21:00
場 所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1−1−1、京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース)
定 員:50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト:清水チナツ(せんだいメディアテーク学芸員)
カフェマスター:久保田テツ(アートエリアB1運営委員)
支 援:JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

近年、震災や津波、火山噴火など、過去の大規模災害の記録や記憶を後世に伝えるためのアーカイブ活動が盛んに行われています。東日本大震災後に仙台市内の公共施設で発足したプロジェクト「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(通称:わすれン!)では、震災に関する様々なアーカイブを「記録・収集」「整理・保存」「資料化」「利活用」を通して、様々な人や場所に手渡していく、という取り組みが行われています。今回は、そのプロジェクトに携わる清水チナツさんをゲストに迎え、「震災アーカイブ」のあり方や、地域におけるアーカイブ活動について、お話をお伺いします。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。