CSCDとは

大阪大学コミュニケーションデザインセンターとは?

CENTER FOR THE STUDY OF COMMUNICATION-DESIGN

コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)とは?

専門的知識をもつ者ともたない者の間、利害や立場の異なる人々の間をつなぐ
コミュニケーション回路を構想・設計・実践しています。

大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)は、
2005年4月に誕生した新しいスタイルの教育研究機関です。

大阪大学は市民社会で信頼される人物の養成を目指し、
「教養」「デザイン力」「国際性」の3つの教育目標を掲げています。

  1. 教養は幅広い社会的判断力
  2. デザイン力は柔軟な想像力
  3. 国際性は異文化との交流能力

を意味します。

これらの目標のもと、CSCDは複雑に専門化した現代社会の中で、
しなやかで強靭な実行力をもった人物が、 信に足るコミュニケーションを実現するための、
コミュニケーションデザインに取り組んでいます。

全ての研究科の大学院生や社会人を対象に、 コミュニケーションデザイン科目を提供する他、
幅広い市民サポートを実現するための社学連携事業などを行い、
大学と社会の新たな関係を作っていきます。