活動情報

戻る
更新日
2010.9.1

「ラボカフェ」9月のプログラム

京阪中之島線の新駅“なにわ橋駅”(2008年10月19日開業)で本年度も「ラボカフェ」を実施します。
「ラボカフェ」は、過去3年に継続的に実施されてきた「中之島コミュニケーションカフェ」の一つで、カフェという環境装置をラボラトリー(実験室)的に用いて、大阪大学が社会の様々な組織とコラボレーションしながら、主題に応じた研究・開発を繰り広げるプロデュース事業です。

「アートエリアB1」は、2008年10月、京阪中之島線なにわ橋駅にオープンした、大学と企業とNPOの恊働運営によるコミュニティースペースです。
対話プログラム「ラボカフェ」にて、哲学・アート・サイエンス・鉄道など多様なテーマについて、語り合いましょう。


※「アートエリアB1」とは。
京阪電車中之島線建設中の2006年から、企業・大学・NPO法人が協同して、都市空間における駅の可能性を模索する「中之島コミュニケーションカフェ」を実施。これを継承して2008年10月19日の開業を機に、なにわ橋駅の地下1階コンコースに「アートエリアB1」を開設しています。ここでは様々なプログラムを実施し「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指しています。

http://artarea-b1.jp/


入場無料


主催=アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))
共催=大阪大学21世紀懐徳堂
企画制作=大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)/NPO法人ダンスボックス
制作協力=NPO recip[地域文化に関する情報とプロジェクト]

会場:アートエリアB1 京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース
(地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)

ラボカフェお問い合わせ 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
Tel. 06-6850-6632 cscd@office.osaka-u.ac.jp
※車いすでお越しの場合は、予め、お問い合わせをお願いいたします。

担当教員:ワーキンググループ 平田(代表)、木ノ下、久保田
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

プログラム詳細
※受付は各回開始30分前より|内容は予告なく変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください


シアターカフェ「舞台芸術の行方#6」

日時 9月3日[金] 19:00−21:00
定員 30名(当日先着順・入退場自由)

「シアターカフェ」では、関西や各地で演劇に関わる人と様々な話をしています。今月は、京都で活動する劇作家・演出家同士、京都の演劇のこれからについて話し合いたいと思います。これからの演劇の在り方、演劇人の在り方について興味がある方は、ぜひお越しください。

ゲスト 柳沼昭徳(烏丸ストロークロック代表、劇作家・演出家・俳優)、大韻韻鵑検淵ぅ奪僖ぅ▲鵐謄並緝宗劇作家・演出家)
カフェマスター 蓮行(大阪大学CSCD教員)


中之島哲学コレージュ 哲学カフェ「身の周りのもののデザイン」

日時 9月8日[水] 19:00−21:00
定員 50名(当日先着順・入退場自由)

世の中を見渡すと,私たちの身の回りは人工物にあふれています。それらの人工物は,一見,哲学や思想とは無縁なように見えます。しかし,そのような人工物にこそ,思想や哲学,政治,社会関係が,具体的な「かたち」をもって埋め込まれているという考え方が,近年,注目されるようになってきました。当日は,参加者のみなさんと,身の周りのもののデザインをとおして,技術と社会の関係について考えてみたいと思います。

進行役 中村征樹(大阪大学大学教育実践センター准教授)
カフェマスター 本間直樹(大阪大学CSCD教員)


鉄道カフェ「鉄カフェをみんなで考える 17」

日時 9月15日[水] 19:00−21:00
定員 30名(当日先着順・入退場自由)

我こそは! という鉄道ファンから、全くの初心者まで、幅広い層が参加する鉄道カフェ。参加者によるプレゼンテーションや素朴な疑問から派生した議論など、鉄道に関する様々な情報交換と対話が繰り広げられています。また、京阪電車が今年で開業100周年を迎えた話題なども語り合います。

カフェマスター 久保田鉄、木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員)


お遍路カフェ「阪大授業でお遍路? 菅さんもはまったお遍路の魅力とコミュニケーション機能」

日時 9月24日[金] 19:00−21:00
定員 30名(当日先着順・入退場自由)

授業で実施したお遍路歩きの成果を踏まえ、多様な専攻の大学院生が、受講生相互、市民とともに、歩くとは何か、人と人とが関わりあうとはどういう意味か、お遍路の意味論から議論する。

カフェマスター 森栗茂一(大阪大学CSCD教員)


中之島哲学コレージュ セミナー「TO PEG OR NOT TO PEG?」

日時 9月29日[水] 19:00−21:00
定員 50名(当日先着順・入退場自由)

大昔は食べられなくなったら人間は死んでいました。でも、医療技術の発達によって食べられなくなっても点滴やチューブで栄養を身体に入れて生命を保つことができるようになりました。そうした技術のひとつに「PEG(胃ろう)」があります。終末期で口からものを食べたり飲んだりすることができなくなったとき、あなたならどうしたいですか? 今回はPEGという技術から「食べる」について考えてみましょう。

講師 藤本啓子(患者のウェル・リビングを考える会代表)
カフェマスター 本間直樹(大阪大学CSCD教員)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。
※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。

投稿者|久保田 テツ この記事をtwitterへRTする 戻る