大阪大学COデザインセンター×ナレッジキャピタル 対話で創るこれからの「大学」

超学校シリーズ第8回 つながりを研究する:「つなぐ人」がもたらす価値

ナレッジキャピタル超学校~対話で創るこれからの「大学」~
第5回から第8回は、
「社会の中で異なる分野・立場が持つ知恵や経験を"つなぐ"お仕事をされている方」
をお招きします。

Image_CO_CHOSchool.jpeg

私たちの住む社会は、さまざまな「人と人のつながり」で成り立っています。そして、社会を支える様々な仕組みの中にも、多くの専門分野のつながりが埋め込まれています。

今回は、「つなぐ人」に関心を持ち続けてきた研究者お二人をお招きします。文化心理学・社会心理学の観点から、人のつながりについて研究をされている内田由紀子さんと、科学史や科学技術社会論が専門で、新聞や書籍などで社会と科学・技術の関係について様々な論筆をされている神里達博さんです。

ここまでのシリーズを振り返りながら、「つなぐ人」について考えます。

※共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)


講師(対談する人):
内田 由紀子(京都大学こころの未来研究センター 准教授)
神里 達博(千葉大学国際教養学部 教授 / 大阪大学COデザインセンター 客員教授 / 朝日新聞 客員論説委員)

コーディネーター(聞き手):
水町 衣里(大阪大学COデザインセンター特任助教)

お申し込みはこちらから。

開催概要

    日時:2017年3月16日(木)19:00から20:30(受付開始 18:30)
    会場:カフェラボ(グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル1F)
    ドリンク代:500円
    対象:高校生以上
    定員:50名
    主催:一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、大阪大学COデザインセンター
    共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)


講師プロフィール


内田 由紀子

京都大学こころの未来研究センター 准教授

専門は文化心理学・社会心理学。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
ミシガン大学、スタンフォード大学での客員研究員、甲子園大学人文学部心理学科専任講師を経て、2008年1月より京都大学こころの未来研究センター助教、2011年より同センター准教授。幸福感・他者理解・対人関係についての文化心理学研究を中心に行っている。著書に『社会心理学概論』(ナカニシヤ出版 2016)、 『農をつなぐ仕事:~普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ~』(創森社 2012)など。


神里 達博

千葉大学国際教養学部 教授 / 大阪大学COデザインセンター 客員教授 / 朝日新聞 客員論説委員

専門は科学史、科学技術社会論。東京大学工学部化学工学科卒。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻(科学史・科学哲学)博士課程単位取得満期退学。三菱化学生命科学研究所、JST社会技術研究開発センター、大阪大学コミュニケーションデザイン・センターなどを経て現職。2014年より、朝日新聞オピニオン面にて『月刊安心新聞』を連載中。著書に『文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか』(講談社現代新書 2015)など。