COデザインカフェ 第1回

トイレにまつわるエトセトラ
最近ちょっと気になるトピックについて、いろいろ話してみませんか?

COデザインセンターは2016年7月に大阪大学内に誕生しました。
大学で専門分野を学ぶひとたちが、社会の中の多様なひとたちと対話し、対話し、協働し、新たな価値を創出するための教育プログラムを、学部生・大学院生に提供しています。

「COデザインカフェ」は、COデザインセンターの教育プログラムに関連する話題について、誰でも気軽に立ち寄って話しあえる場としてスタートします。

第1回のテーマは、「トイレにまつわるエトセトラ」。

A911EAC9-20B6-4819-8DF7-F940FF1AA2C5.jpg


日時:2017年6月9日(金)12:10~12:50
カフェマスター:本間直樹(COデザインセンター 准教授)

申し込み不要、入退場自由、飲食可

2020年オリンピック・パラリンピック開催に向けて「男女共用トイレ」が設置されるなど、トイレに関するニュースをよく目にするようになりました。 大阪大学でも、性別を問わないトイレ表示について検討もはじめられました。
そもそも、現在のトイレやトイレマークについてはどうでしょうか?
たかがトイレ、されどトイレ。トイレにまつわる話題から、ジェンダーの意味や多様性について、話しあってみましょう。

開催概要

    日時:2017年6月9日(金)12:10から12:50
    会場:大阪大学(豊中)全学教育総合棟Ⅰ 3階 341号室(通称 COデザインスタジオ)
    定員:30人程度
    主催:大阪大学COデザインセンター
    プログラム提供:高度副プログラム「社会の臨床」
    お問合せ先:pr-office[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にして下さい)


    <今後の予定>

COcafe_1706_170531.jpg