大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

イベント
実習 → 演劇プロジェクト<生きる視点プラス>関連企画

災害支援シンポジウム

2018年2月 3日(土) 13:00~15:45

〈生きる視点プラス〉は普段人々が見ないでいる場所に出かけていき、そこ に暮らす人々と交流することを通して「生きる」ということについて視点を 開くことを目指す企画です。

生きる視点プラス災害支援シンポ.jpg

PDF版はこちらからどうぞ。
生きる視点プラス災害支援シンポ.pdf

 東日本大震災から 7 年が経過しようとしています。現在も復興に向けた様々 な活動が行われているところです。自然災害の多い国でありながら、災害支 援において日本の精神科医療はまだまだ発展途上といわれます。そうしたな かで石巻の災害支援を目的としてつくられた「からころステーション」の実 践は、海外から視察が来るほど先進的な試みとして注目されています。

 本シンポジウムではからころステーションのスタッフをお招きし、災害支援 のなかで生まれた実践について、また震災から 7 年となる今の課題などにつ いてもじっくりお話ししていただこうと思います。

171202_2.jpg


プログラム:
2月3日(土) 13:00~15:45

第一部 13:00~14:30
・「災害支援について」 坂井新(にじクリニック:臨床心理士)
・「東日本大震災における"私"の体験と活動~初期一年を振り返って~」渋谷浩太(からころステーション:臨床心理士)

第二部 14:45~15:45
・「からころ体験談」 加藤優妃(からころステーション:精神保健福祉士)
・ シンポジウム 「支援としてのからころステーションの特殊性」 (加藤優妃×坂井新×山森裕毅)

会場:大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構実験棟1階 サイエンス・スタジオ A

※参加費無料/申し込み不要(学外の方も参加いただけます)

会場:大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構実験棟1階 サイエンス・スタジオ A

参加費:無料/申し込み不要(学外の方も参加いただけます)

主催:大阪大学COデザインセンター

問い合わせ先:山森裕毅(大阪大学COデザインセンター 特任講師(常勤)/哲学・記号論)