大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

COデザインカフェイベント
COデザインカフェ

ドキュメンタリー映画で学ぶ社会課題と惑星思考 vol.9

『kapiw とapappo アイヌの姉妹の物語』
2018年7月11日(水) 18:00~21:00

今回のCOデザインカフェは、「ドキュメンタリー映画で学ぶ社会課題と惑星思考 vol.9」。
映像作品(主にドキュメンタリー)を通して社会課題を惑星規模で捉えてみようという実験的な試みです。

今回鑑賞する作品は、『kapiw とapappo アイヌの姉妹の物語』(監督:佐藤隆之、2016 年)です。

社会課題とは何かを知りたい方、惑星思考を身につけたい方、ドキュメンタリーや映画に関心のある方はぜひ参加してください。


180711CO映画_180630.jpg


日時:2018年7月11日(水)18:00~21:00
カフェマスター:山森裕毅(COデザインセンター特任講師)
場所:豊中キャンパス全学教育総合棟I3階 341号室 COデザインスタジオ

申し込み不要、入退場自由、飲食可
問い合わせ先:チラシを確認してください。

カフェマスターからの一言:
 福島で原発事故が起こったのが2011年。あの事故によって世界や社会に対する人々の見方はガラッと変わってしまったといわれます。ではいったい何が変わってしまったのでしょうか。5月~7月にかけて「フクシマ・エフェクト」と題してフクシマ以後の世界を少し観てみたいと思います。作品は、直接的に甚大な被害を被った人々や場所に関するものではなく、あえて少し離れた人々や場所に関するものを選びました。それらの作品からいったい何が見えてくるか、参加者で話し合ってみましょう。
 『kapiwとapappo アイヌの姉妹の物語』は離れて暮らす姉妹が原発事故を契機に再会し、姉妹でアイヌ民謡のデュオライブを行う過程を追ったドキュメンタリーです。原発事故直後の緊迫感と、それによって生じた人々の移動がもたらす変化や出来事を捉えています。原発事故の影響を経済や科学技術、政治といった大きなスケールではなく、個々人の日常生活という身近でささやかなスケールで考えさせてくれます。


日時:7月11日(水) 
18:00~18:10 イントロ
18:10~20:10 作品鑑賞
10分休憩
20:20~21:00 対話