大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

COデザインカフェイベントダイバーシティ&インクルージョン
COデザインカフェ

ダイバーシティ・カフェ08

性と性別のいろいろについて語りあう with GSOU
2019年4月17日(水) 19:00〜21:00

COデザインセンターでは、社会と臨床にかかわる教育研究プログラム開発の一つとして、
「ダイバーシティとインクルージョン」の課題に取り組んでいます。
「ダイバーシティ・カフェ」では、学内外のみなさんとコラボ企画をお届けします。

IMG_2246.jpg

ここ数年、性と性別の多様性について書かれた本は爆発的にふえています。
たくさんありすぎて、どれを読んでいいかわからない、というひとも少なくないでしょう。

今回は、「大阪大学ジェンダーとセクシュアリティの多様性を考える会:GSOU」のみなさんといっしょに、
歴史や理論を知る本から、自伝、BL、GLまで、
性と性別のいろいろをたのしむための本をもちよって、好き放題、語りあいましょう。
会場のスタジオには、たくさんのLGBTs関連の本やマンガを展示します。
どなたでも、ご気軽にお立ちよりください。

ダイバーシティ・カフェ 08
性と性別のいろいろについて語りあう with GSOU
日時  2019年4月17日(水)19:00−21:00
場所  大阪大学COデザインセンター COデザインスタジオ
    (豊中キャンパス、MAP64番の建物. 全学教育総合棟3階341教室)
     http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html
進行  ほんま なほ(COデザインセンター)
    ジェンダーとセクシュアリティの多様性を考える会(GSOU)
申込  不要 茶菓子などはありませんので、各自持参してください。
主催  COデザインセンター(ダイバーシティ&インクルージョン・プロジェクト)
共催  大阪大学ジェンダーとセクシュアリティの多様性を考える会:GSOU
   https://twitter.com/gsd_osakauniv

■これまでの企画

2019年9月12日(水)17:00-19:00 ダイバーシティ・カフェ with GSOU −性について話すのはどんなとき?−
2019年2月1日(金) 18:00-20:00 当事者性とは何か? ー日頃聞けないことを訊ねてみようー
2019年2月5日(火) 18:00-20:00 私たちと貧困 −子どもの貧困から考える−
2019年2月18日(月)12:00〜   海外にルーツを持つ人もそうでない人も、一緒に楽しく!タコパ !!
2019年2月27日(水)15:00-17:00 第1回 大学生の"もやもや"研究 ー〈性〉をSOGI(ソジ)るー
2019年3月11日(月)〜13日(水)ダイバーシティ表現ワークショップ

■関連する授業

・訪問術E/マイノリティ・ワークショップ(春夏学期)
・協働術B/マイノリティ・セミナー(秋冬学期)
・横断術/社会と臨床(冬学期集中)
(阪大生はもちろんのこと、社会人の方も受講できます)

■関連情報

大阪大学は、2017年7月、大学における全構成員の性的指向と性自認(SOGI:Sexual Orientation and Gender Identity)
の多様性と権利を認める基本方針を発表しました。
http://www.danjo.osaka-u.ac.jp/2017/08/post-8003/

"SOGI"または"SOGIESC"とは、

 性的指向 Sexual Orientation(SO):どの性別のひとに対して性的な魅力や愛情を感じ、関係をもちたいとおもうか
 性自認(性同一性)Gender Identity(GI):じぶんがどの性別に属していると感じ、認識しているのか
 性別の表現 Gender Expression(GE):性別に関して社会で知られているさまざまな記号、表現、ふるまいなどを、どのように身につけたいか
 性の身体的特徴 Sex Characteristics(SC):性染色体、性ホルモン、生殖器、第二次性徴ほか、性に関するどのような身体的特徴をもっているか

が、マイノリティとして括られるひとびとだけでなく、
わたしたち ひとりひとりにかかわる ことがらであり、
だれもが、SOGIまたはSOGIESCを理由にして偏見、ハラスメント、不利益、不便、差別にさらされることがなく、
ひとしくSOGIまたはSOGIESCに関する権利を有することを保障する枠組みです。

あなたのSOGIESCは? ジェンダーブレッド・パーソン