COデザインセンター
大阪大学COデザインセンター

副専攻プログラム
「超域イノベーション副専攻プログラム」について


趣旨・概要

今日の社会には、価値観の多様化や科学技術の高度化、さらなる情報化への期待や不安、高齢化と人口減少が並走する社会、経済発展に伴う格差や貧困の拡大、グローバル化のもとでの国際的な秩序の再編、環境・エネルギーや食糧などに関わる持続可能性など、様々な課題が山積しています。それらの未知で複雑で困難な課題には、新たな着想に基づく包括的な取り組みが求められます。また、そうした課題は、多様な知の協奏により、既存の領域を超えて新たな知を共創し、その知の力を駆使して様々な関係者が協働していくことでしか、解決に至ることができません。特定の専門知のみに精通しているプロフェッショナルを超えた、「知」のプロフェッショナルとしての新たな高度人材、知を創造することに留まらず、知の力を持って新たな価値の創出に挑んでいく人材が求められています。

本プログラムでは、上記のもと、大阪大学の教育目標を受けて、所属研究科での専門教育に加えて独自のコースワークを副専攻プログラムとして提供することにより、社会システムを変革へと導く取り組みに知的体力と勇気を持って参画し、社会での実践を経て、やがては自らそれを先導する「知」のプロフェッショナルへと成長していくための基盤を養うことを目指しています。


到達目標(修了時に身に付く能力)

本プログラムでの履修を通じて、課題設定や課題解決、社会での実践のための基盤となる汎用力を修得することを到達目標とします。
具体的には、以下に掲げる、他者との適切な関係を形成し、ものごとを俯瞰して独創的に行動していくための基礎的能力を修得することを目指します。

<俯瞰力や独創力のための基礎的能力>
 ①自らの専門の内容とその社会的・公共的意義を他の専門との関係のもとで明快に説明できる基盤としての力
 ②他者の論理や専門がよって立つ背景や文脈をも踏まえて、具体的な課題の骨格や要点を相対的かつ柔軟に把握する力
 ③社会における課題の具体的な解決に向けて、立場や専門を超えた適切な問いかけを行い、独創的な議論を展開する力
 ④課題解決を志向する取り組みに、多様な専門知を交差させつつ、各方面からの関係者と協動しながら建設的に参画する力


カリキュラムの構成

本プログラムでは、上記の到達目標に対して、教育内容を高度な教養や知識に関わるKnowledge、社会で専門知を活かすためのSkills、イノベーションの実現に関わるIntegrationに大別することにより、上記の趣旨・概要にしたがった体系的なコースワークを整備しています。

コースワークは、Knowledgeに関わる知識・教養系科目群、Skillsに関わる展開力系科目群(トランスファラブルスキル系、研究リテラシー系)、一連の基礎の上にIntegrationに直結する力を養っていくコア科目群からなるラーニング科目群から構成し、独自に多数の科目を提供します。各科目では、学生が主体的に学びに参画するアクティブラーニングの手法を取り入れ、また、知識・教養系科目群では、特徴的な課題についての学習を通じて当該分野が共有しているエッセンスや固有の考え方を修得していくモジュール方式による授業を展開しています。


履修対象者

修士・博士


修了要件

(1)必修科目①の4.6単位を修得すること。
(2)選択必修科目①から2.4単位以上、また、選択必修科目②から3.2単位以上、選択必修科目③から1.2単位以上を修得すること。
(3)以上のもとで、必修科目を4.6単位、選択必修科目を9.4単位以上の計14単位以上を修得すること。


履修資格・条件

本プログラムでは、下記の資質をもつ学生を歓迎します。

 ○大阪大学のいずれかの研究科での専門教育を通じて当該分野のプロフェッショナルに成長したいという志とそれに足る基礎的な学力を有している
 ○社会における課題に具体的な関心を持ち、その解決に関わっていきたいという意志を持っている
 ○未解決の課題に対して他者との対話や協働を通じて包括的に取り組もうとする態度を有している

なお、履修対象等の詳細については下記のとおりです。

【履修対象】
 1.平成29年4月より、超域イノベーション博士課程プログラムを履修する学生(以下「超域イノベーション履修生」)
 2.上記1.以外の者で、平成29年4月または平成28年10月に、博士前期課程または博士課程(医、歯、薬の4年制課程または生命機能研究科)に入学した者

【定員】
 超域イノベーション履修生を含み、最大24名程度

【選考】
 超域イノベーション履修生以外は選考の上、受講生を決定します。
 詳細については、学務情報システム(KOAN)よりお知らせします。


受講生へのメッセージ

社会課題の複雑さや難しさに向き合いながら、興味関心や専門の異なる相手とも積極的にコミュニケーションをとり、協力しながら新しいアイデアを形にしていく意欲をもった学生を歓迎します。


構成科目

時間割
コード
授業科目名 単位数 開講学期
(4学期制)
開講部局
(課程)




必修科目①: 超域イノベーション・コア【4.6単位修得】
C50901 超域イノベーション序論 0.6     春〜夏学期 全学教育推進機構
(超域イノベーション副専攻プログラム)
C50902 社会の中の科学技術 2     集中(夏) 全学教育推進機構
(超域イノベーション副専攻プログラム)
C50903 フィールド・プロジェクト 2     秋〜冬学期 全学教育推進機構
(超域イノベーション副専攻プログラム)
選択必修科目①:超域イノベーション・コア【2.4単位以上修得】
9A0002 システム思考   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0003 課題解決プロジェクト入門   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0004 デザイン思考   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0006 課題解決ケーススタディI   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0007 課題解決ケーススタディII   0.6   集中(夏) 未来戦略機構(超域・院)
9A0008 課題解決ケーススタディIII   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0009 課題解決ケーススタディIV   0.6   集中(夏) 未来戦略機構(超域・院)
9A0010 課題解決ケーススタディV   0.6   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
選択必修科目②:超域イノベーション・知識・教養【3.2単位以上修得】
9A0012 超域人文社会科学I   2   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0013 超域人文社会科学II   2   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0014 超域理工学I   2   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0015 超域理工学II   2   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0016 イノベーションと経済学的思考法   0.6   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0017 イノベーションと経営学   0.6   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0018 イノベーションと政策論   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0019 イノベーションとソーシャルセキュリティ   0.6   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0020 イノベーションとシチズンシップ組織論   0.6   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0021 イノベーションと未来学   0.6   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0022 イノベーションと認知   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0023 イノベーションと国際協力論   0.6   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
選択必修科目③:超域イノベーション・展開力(トランスファラブルスキル系・研究リテラシー系)【1.2単位以上修得】
9A0025 トランスファラブルスキルワークショップII   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0026 トランスファラブルスキルワークショップIII   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0027 アートクリエーション   0.6   春〜夏学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0028 ライティングスキルズ   0.6   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0029 アントレプレナーシップ   0.6   不開講 未来戦略機構(超域・院)
9A0030 統計リテラシー   0.6   秋〜冬学期 未来戦略機構(超域・院)
9A0031 リサーチデザイン   0.6   集中(夏) 未来戦略機構(超域・院)
教育プログラム