大阪大学 COデザインセンター

search

CO*
教育研究拠点

CO* DESIGN

CO* DESIGN

CO*PROJECT

ナレッジキャピタル超学校

大阪大学×超学校
ナレッジキャピタル超学校
~対話で創るこれからの「大学」~

「ナレッジキャピタル超学校」は、大学や企業、研究機関などの様々な分野の研究者と一般参加者が一緒に考え対話するナレッジキャピタルが様々な大学や研究機関と実施しているプログラムです。大阪大学COデザインセンターも超学校シリーズを「開校」しています。

COデザインカフェ

COデザインカフェ

COデザインセンターの教育プログラムに関連する話題について、誰でも立ち寄って話しあえる場です。大学で専門分野を学ぶひとたちが、社会の中の多様なひとたちと対話し、協働し、新たな価値を創出するためのCOデザインセンターの教育プログラムを気軽に体験することができます。

STiPS Handai 研究会

STiPS Handai 研究会

「公共圏における科学技術政策」に関する研究会(STiPS Handai研究会)では、学内外の研究者や実務家にお越しいただき、話題提供いただきます。学生だけでなく教員も相互に学び合うことを目的としています。各回のテーマにご関心のある方はどなたでも参加できます。

共創イノベーションセミナーシリーズ

COデザインセンター
共創イノベーションセミナーシリーズ

社会の中で求められる変化や価値をどのように生み出すことができるのか、分野を超えてみんなで考える機会を持つという趣旨で企画されたセミナーシリーズです。みなさまのご参加をお待ちしています。

まちみち研究会

まちみち研究会

今、健康・経済・孤立などの不安に対応しながら、人々が自発的に取り組んでいくことの愉しさを計画プロセスに織り込んだまちづくり、みちづくりとその維持活用のあり方が求められています。まちみち研究会は、こうした時代の要請を先取りして、新しいコミュニケーションの場と、地域マネジメントシステムの創造に取り組んでいきます。

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ(多様性)の意識化・可視化は、わたしたちにとっての身近な課題です。大阪大学の教職員・学生や地域住民が継続して集まる対話の場のデザインを参加者とともに行い、マイノリティ、ダイーバーシティ、インクルージョン(社会包摂)について学ぶ科目*を開講するほか、ワークショップやアート展示会などのイベント企画・制作を通してあたらしい学びのかたちを模索します。
(*一般の方も受講できます)

ナレッジキャピタル超学校

大阪大学×超学校
ナレッジキャピタル超学校
~対話で創るこれからの「大学」~

「ナレッジキャピタル超学校」は、大学や企業、研究機関などの様々な分野の研究者と一般参加者が一緒に考え対話するナレッジキャピタルが様々な大学や研究機関と実施しているプログラムです。大阪大学COデザインセンターも超学校シリーズを「開校」しています。

COデザインカフェ

COデザインカフェ

COデザインセンターの教育プログラムに関連する話題について、誰でも立ち寄って話しあえる場です。大学で専門分野を学ぶひとたちが、社会の中の多様なひとたちと対話し、協働し、新たな価値を創出するためのCOデザインセンターの教育プログラムを気軽に体験することができます。

STiPS Handai 研究会

STiPS Handai 研究会

「公共圏における科学技術政策」に関する研究会(STiPS Handai研究会)では、学内外の研究者や実務家にお越しいただき、話題提供いただきます。学生だけでなく教員も相互に学び合うことを目的としています。各回のテーマにご関心のある方はどなたでも参加できます。

共創イノベーションセミナーシリーズ

COデザインセンター
共創イノベーションセミナーシリーズ

社会の中で求められる変化や価値をどのように生み出すことができるのか、分野を超えてみんなで考える機会を持つという趣旨で企画されたセミナーシリーズです。みなさまのご参加をお待ちしています。

まちみち研究会

まちみち研究会

今、健康・経済・孤立などの不安に対応しながら、人々が自発的に取り組んでいくことの愉しさを計画プロセスに織り込んだまちづくり、みちづくりとその維持活用のあり方が求められています。まちみち研究会は、こうした時代の要請を先取りして、新しいコミュニケーションの場と、地域マネジメントシステムの創造に取り組んでいきます。

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ(多様性)の意識化・可視化は、わたしたちにとっての身近な課題です。大阪大学の教職員・学生や地域住民が継続して集まる対話の場のデザインを参加者とともに行い、マイノリティ、ダイーバーシティ、インクルージョン(社会包摂)について学ぶ科目*を開講するほか、ワークショップやアート展示会などのイベント企画・制作を通してあたらしい学びのかたちを模索します。
(*一般の方も受講できます)