CSCD

研究活動

研究活動

コミュニケーションデザインをめぐって理系・文系の研究者やデザイナー・プロジェクトの創発の拠点として機能しています。その成果は論文だけでなく多岐に渡る媒体を通して表現します。

政策のための科学

「公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)」は、大阪大学および京都大学の連携による人材育成プログラムです。科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として、2012年1月に発足しました。 従来の科学技術政...

まちみちコミュニケーション研究室

まちやみちなどのインフラ整備では、これまで量の不足に対して施設供給量を拡大する取り組みが進められてきました。しかし、この論理だけで人口の減少をはじめとする新たな社会情勢に対応することは容易ではありません。健康・経済・孤立などの不安に対応し、...

科学リテラシーに資する複眼思考と知と感性のネットワーク

「科学リテラシーに資する複眼思考と知と感性のネットワーク」とは、  支援:JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」  の一環として実施するプロジェクトです。 東日本大震災および原発事故をめぐる諸課題...

DeCoCiS

科学技術が社会の問題に適切に対処し、解決していくためには、専門家や政策決定者、企業、市民活動団体、そして個々の市民など、さまざまな立場の人々が交わる「公共コミュニケーション」が欠かせません。わが国でも近年、サイエンスカフェやコンセンサス会議...

アサヒ ラボ・ガーデン×CSCD 共同研究

アサヒグループホールディングス株式会社は、大阪梅田にアサヒ ラボ・ガーデンをオープンし、自社研究者によるセミナーや様々なイベントプログラムを実施しています。他方、大学では研究活動の社会的意義についての説明義務を果たすべく、アウトリーチ活動を...

現場力研究会

医療やケア、教育、アートなど、さまざまな対人コミュニケーションが生じる「現場」。現場力研究会は、その具体的な諸相に光をあて、現場で求められる知について、看護学、人類学、臨床哲学などを専門にするメンバーや、医療や介護、通訳や事務等々を担う実践...

犯罪からの子どもの安全

「犯罪からの子どもの安全」とは、現場で問題解決に取り組む人々と研究者が協働し、科学的な知見や手法を防犯対策に生かすために、独立行政法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センターによって設けられた研究開発領域です。 その一環として、CSCDで...

高齢社会プロジェクト

高齢社会プロジェクトは、高齢者がもっと多様な文脈で生きられる社会を目指して、コミュニケーションデザインの観点から実践&研究するプロジェクトです。 CSCD臨床部門の教員を中心に、学内外の様々な人たちと連携しながら、高齢者施設での身体ワークシ...

ワークショップデザイン研究会

近年、臨床、アート、演劇、まちづくり、科学技術コミュニケーションなど、ワークショップの手法や考え方はそれぞれの領域で異なりますが、同時に共通点もあります。 ワークショップデザイン研究会では、それぞれ異なる専門領域をもつ人たちが、ワークショッ...

現象デザイン研究会

現象デザイン研究会は、自然現象を「デザインする」という観点から考える研究会。古来の知恵や様々な科学研究に潜む知識をひもとき、気象から微生物まで様々な自然現象を表現という角度から見つめなおします。 2009年より、学内外の科学者やデザイナーと...

子どもにまつわるコミュニケーションデザイン研究会

子どもにおけるコミュニケーションデザイン研究会では、「子どもにまつわる」をキーワードに、託児付のカフェプログラムを学内外で開催。従来はこの種のプログラムに参加しにくかった子育て層の参加を可能にします。また、「子ども」を切り口に、科学技術、臨...

臨床実践の現象学研究会

人びとの実践──例えば、看護師や社会福祉士、音楽療法士や教員、舞踊家が日常的に行っている実践、あるいは病いを患うこと、病い経験を分かち持つ経験等々は、それを実践したり経験したりしている当事者でさえ、自覚していない多くのことを生みだしています...

インタビュー・リサーチ・プロジェクト

インタビュー・リサーチ・プロジェクトは、映像メディアの特質を活かしたインタビューを通して、学内メディアの構築と学内連携の促進を目指すプロジェクト。 コミュニケーションデザインとデザイン力に関する教職員/学生へのインタビュー より多くの学...

CSCDデザインプロジェクト

本プロジェクトは、CSCDのミッションを"大阪大学のなかに〈新しい学びの経路〉をデザインすること"と捉え、教育・研究・社学連携に関するCSCDの主力プロジェクトと協働を重ねています。ウェブサイト、印刷物、空間、映像などは情報を伝える媒体であ...

コミュニケーションデザイン研究会

専門の垣根を越えた大学院教育をどのようにつくっていくのか? 社会と連携した知のあり方はどうあるべきか? そして、コミュニケーションデザインとは何か? 多種多様な背景をもつCSCDの教員たちが、月に一度顔を合わせ、学内外での個々の研究・社会活...

まちみち歩き・カフェ 『みちを歩きながら考えよう!②』

2016年7月 9日(土)【,

●日 時:2016年7月9日(土)
     まち歩き 13:00-15:30(なんば~曽根崎へ)
     カフェ  16:00-18:00(みちまちスクエアきた
     (曽根崎地下歩道)
     (JR北新地駅東側/駅前第2ビル地下すぐ))
☆まち歩き(少雨決行)
 集合場所:なんば高島屋前
 コ ー ス:難波から曽根崎みちまちスクエアきた(約5㎞)
       (なんば高島屋~法善寺横丁~南堀江付近~本町通り自転車レーン~御堂筋)
       13:00出発(約2時間半)
 内  容:お題「スロー:自転車・ユニバーサルデザイン」に因んだ「みち」を見て回る。
      要所要所でガイドが「みち」等について解説するが、聞いても聞かなくても自由(質問も可)。参加者同
      士で話し合うのも自由。
      参加者は「お題」について考えながら歩き、自分の心に響いた景色をスマフォなどで撮影し、簡単なコメ
      ントをつけて、ガイドに送信。(何回でも可)
      16時からのカフェで、皆さんの写真・コメントを紹介しながら意見交換します。
      可能であれば写真に位置情報もつけてください。
 案 内 人:藤本典昭氏(NPO法人自転車活用推進研究会理事)、
        森栗茂一(大阪大学)、
        板倉信一郎(大阪大学)
 持 ち 物:スマートフォン、画像撮影/送信可能な携帯電話
       歩きやすい服装、靴でお越しください。
 定  員:20名
 備  考:イベント保険には加入しておりますが、基本的に自己責任のうえ安全等に留意してください。
●カフェマスター
 板倉信一郎(コミュニケーションデザイン・センター教授)
●まち歩き案内・話題提供
 板倉信一郎、森栗茂一、他

まちみちカフェ 『阪大のまちみち講義~大学の講義はここまで進化した!~』

2016年4月14日(木)【,

●日 時:2016年4月14日(木)19:00-21:00
●場 所:みちまちスクエアきた(曽根崎地下歩道) (JR北新地駅東側/駅前第2ビル地下すぐ)
●カフェマスター
 森栗茂一(コミュニケーションデザイン・センター教授:民俗学)
●話題提供
 板倉信一郎(コミュニケーションデザイン・センター寄附研究部門教授)
 土井勉(コミュニケーションデザイン・センター特任教授)

第141回現場力研究会

2013年5月14日(火)【, ,

日時:2013年5月15日(水) 10:30~12:30
場所:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 430号室
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
内容:「バザール的 知の創発」
発表:宮本 友介


第141回現場力研究会を開催いたします。
皆様の参加をお待ちしております。

公共的な場で、新たなイノベーションのスタイルを見つける〜STiPSのこころみ

ラボカフェ「科学技術イノベーション」

2013年4月30日(火)【, , ,

2012年7月からスタートしたラボカフェ「科学技術イノベーション」シリーズ。科学技術が社会にとってより良いものとして発展していく条件とは何か?各界で活躍するフロントランナーをお招きし、「社会の中のイノベーション」という観点から刺激的な時間を共有することを目的に実施しています。今回はその発起人である神里達博特任准教授にお話を伺いました。

第140回現場力研究会

2013年4月16日(火)【, ,

日時:2013年4月17日(水) 10:30~12:30
場所:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 430号室
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
内容:今後の現場力研究会の活動について

第140回現場力研究会を開催いたします。
本日は、記念すべき140回を迎えて、今後の研究会の活動について議論したいと思います。

皆様の参加をお待ちしております。

【全学向けFD+研究会】大学におけるコミュニケーション活動の多様なあり方とその評価

2013年3月14日(木)【, ,

日 時:2013年3月14日(木) 10:30 - 15:00
会 場:大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構 全学教育総合棟I 2階
    ステューデント・コモンズ マッチング型セミナー室
    http://www.cep.osaka-u.ac.jp/about_center/stucomintor
参加費:無料
主 催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)


出張!!アサヒ ラボ・ガーデン in まちかね祭

2012年11月 4日(日)【, ,

日 時:2012年11月4日[日] 14:00〜(1時間〜1時間30分程度)
※11:00〜の回は諸事情により中止させていただくことになりました。申し訳ございません。
場 所:オレンジショップ (大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部I棟1F)
定 員:50名(予約優先・当日参加あり)
参加資格:20歳以上の学生(阪大生以外もOK!)
参加費:無料

アサヒ ラボ・ガーデン

CSCD meets アサヒグループホールディングス株式会社

2012年5月23日(水)【, , ,

「アサヒ・スーパードライ」「十六茶」でおなじみのアサヒグループホールディングス株式会社(以下AG)。酒類・飲料・食品事業をグローバルに展開するAGが、なぜCSCDと共同研究を?その背景には、企業と大学双方が持つ共通の課題-研究開発者の社会貢献・人材育成・情報発信-があった。

第129回現場力研究会

2012年3月21日(水)【, ,

日時:2012年3月21日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階
セミナー室2
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
内容:現場力ノオトについて

大阪国際化戦略のLanguage Barrier Free のさまざまな試み

第2回「洪庵塾に遊ぶ」シンポジウム

2012年3月 2日(金)【,

日時:2012年3月2日 12:50〜17:00(受付12:20〜)
会場:ホテル阪急インターナショナル(☞アクセス
定員:120名(最大)

●パネリスト
1.北ヤード,ナレッジキャピタル構想
宮原秀夫(ナレッジキャピタルエグゼクティブ・アドヴァイザー/独立行政法人 情報通信研究機構・理事長/臨床医工情報学コンソーシアム関西・会長)
2.Sibos 2012年in Osaka (世界最大規模の国際金融関係会議)を活かした国際化戦略
奥野雅生(Sibos2012大阪協力推進委員会事務局長)
3.外から観た「大阪国際化戦略」の展望
山中満子(株式会社アークコーポレーション代表取締役社長,京都ユネスコ協会会員)
4.大阪国際化戦略の一環としてアンドロイド仕様多言語問診票を活かす
中本朋成(医療・IT機器製作「株式会社ミウラ」機器開発担当者)
司会:林田雅至(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター「コミュニティ部門」所属)

主催:国立大学法人大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
後援:大阪府,大阪市,大阪観光コンベンション協会,大阪ユネスコ協会,臨床医工情報学コンソーシアム関西,Sibos2012大阪協力推進委員会,大阪府国際交流財団[OFIX],大阪国際交流センター[i-house]

第128回現場力研究会

2012年2月29日(水)【, ,


日時:2012年2月29日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階
   セミナー室2
   http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
発表:山森裕毅さん
内容:「笑っているときに何が起こっているのか?」
要旨:
「ひとはなぜ笑うのか?」という問いから「笑い」を考えるのは難しい。
ユーモアがいつも面白いわけではないし、普通のことからのズレが笑いを生むという理論もなんだか腑に落ちない。
ここでは「笑っているときに何が起こっているのか?」という観点から「笑い」が持っている認知やコミュニケーションにおける効果・機能を分析していきたいと思います。

第127回 現場力研究会【最終講義】

2012年2月15日(水)【, ,

日時:2012年2月15日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階 セミナー室1
アクセス

『ロボティクス演劇祭』開催のお知らせ

2012年2月14日(火) - 2月15日(水)【, ,

日程:2012年2月14日(火)、15日(水)
会場:大阪大学 豊中キャンパス内 21世紀懐徳堂スタジオ&ギャラリースペース

上演団体: 劇団衛星、NPO法人ダ・ヴィンチミュージアムネットワーク、
いいむろなおきマイムカンパニー、平田オリザ+石黒浩研究室

プログラムの詳細はこちらから

入場料金:無料(上演プログラムは事前予約制)
ご予約:ロボティクス演劇祭公式ウェブサイトからお申し込みください。

<お問い合わせ>
NPO法人フリンジシアタープロジェクト(事務局担当)
電話:075-276-5779(平日10〜18時) MAIL:robofes@fringe-tp.net

対話型(双方向型)授業に関する研究会

2012年2月 1日(水)【, ,

日時:2012年2月1日(水)10:30~12:30
場所:大阪大学豊中キャンパス 大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階 セミナー室1
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
内容:対話型(双方向型)授業の実践例と課題について

発表者:

三田 貴(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教)
「学生の実践力を育てる試みから-未来学的授業の実践」

中村 征樹(大阪大学大学教育実践センター准教授)
服部 憲児(大阪大学大学教育実践センター准教授)
 「学生の主体的な「学び」を育む授業実践の試み―基礎セミナー(Discovery Seminar)」

本間 直樹(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター准教授)
 「哲学プラクティスを応用した対話教育」

第126回 現場力研究会

2012年1月18日(水)【, ,

日時:2012年1月18日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1
  (スチューデントコモンズ)2階 セミナー室1
   http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
発表:大北 全俊さん
内容:「ナイチンゲール 矛盾がもつ意味について」

第125回 現場力研究会

2011年12月21日(水)【, ,

現場力研究会を下記の通り開催いたします。
皆さまの参加をお待ちしております。

日時:2011年12月21日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1
(スチューデントコモンズ)2階  セミナー室1
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
内容:小林恭さんの発表(前回研究会)に関する議論

前回研究会発表内容:「ナイチンゲールについて言いのこしておきたいこと」
―"Addresses to Probationers and Nurses of the Nightingale School at St. Thomas's Hospital" の第二書簡を中心に―

第124回 現場力研究会

2011年11月30日(水)【, ,

日時 2011年11月30日(水) 10:30~12:30
場所 大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階 セミナー室1
   http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html

内容:
「ナイチンゲールについて言いのこしておきたいこと」
―"Addresses to Probationers and Nurses of the Nightingale School at St. Thomas's Hospital" の第二書簡を中心に―
発表:小林恭さん

第123回 現場力研究会

2011年11月16日(水)【, ,

日時:2011年11月16日(水) 10:30~12:30
場所:大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)2階
セミナー室1
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html
内容:「想定外」について
発表:岡野彩子さん、宮本友介さん

CSCD×アサヒ ラボ・ガーデン公開研究会「研究を伝えることの悩み」

大学&企業における研究者のアウトリーチの現状、問題点、意義

2011年10月24日(月)【, ,

日時:2011年10月24日(月)17:00-20:00 
場所:大阪大学豊中キャンパス 教育実践センター教育研究棟I 1F 開放型セミナー室(☞地図
対象:サイエンスカフェやアウトリーチに興味のある教職員、または学生(定員30名程度)
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
共催:アサヒグループホールディングス株式会社
協力:大型教育研究プロジェクト支援室、免疫学フロンティア研究センター

問合せ先 
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
電話 06-6850-6632(平日9:00-17:00)
Eメール cscd★office.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください。)

第122回 現場力研究会

2011年10月19日(水)【, ,

日時:
2011年10月19日(水) 10:30~12:30

場所:
大学教育実践センター・教育研究棟1(スチューデントコモンズ)
2階セミナー室2
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/access.html

内容:
「現場力ノオト」について

 1  |  2  | ALL