CSCD

研究活動

アサヒ×CSCD共同研究

出張!!アサヒ ラボ・ガーデン in まちかね祭

2012年11月 4日(日)【, ,

日 時:2012年11月4日[日] 14:00〜(1時間〜1時間30分程度)
※11:00〜の回は諸事情により中止させていただくことになりました。申し訳ございません。
場 所:オレンジショップ (大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部I棟1F)
定 員:50名(予約優先・当日参加あり)
参加資格:20歳以上の学生(阪大生以外もOK!)
参加費:無料

子どもを通して社会を考える

2012.7.13 八木絵香CSCD准教授セミナー@アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター

2012年11月 1日(木)【, ,

去る2012年7月13日、アサヒグループホールディングス株式会社とCSCDの共同研究の一貫として、アサヒグループホールディングス㈱本社(東京都墨田区)にて、アサヒグループホールディングス㈱の社員の方々約30名が参加され、八木絵香准教授による「子どもを通して社会を考える」と題するセミナーが行われました。その様子を2回に分けてレポートします。

『できないこと』から老いを考える〜研究者にとって、対話とは?〜(2)

2012.6.25 西川勝CSCD特任教授セミナー@アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター 

2012年8月 2日(木)【, ,

去る2012年6月25日、アサヒグループホールディングス株式会社とCSCDの共同研究の一貫として、アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター(茨城県守谷市)にて、アサヒグループホールディングス㈱の社員の方々約20名が参加され、西川勝教授による「『できないこと』から老いを考える」と題するセミナーが行われました。その様子を2回に分けてレポートします。

第二回目の今回は、いよいよセミナーの後半部分の「『できないこと』から老いを考える」です。

『できないこと』から老いを考える〜研究者にとって、対話とは?〜(1)

2012.6.25 西川勝CSCD特任教授セミナー@アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター 

2012年7月26日(木)【, ,

去る2012年6月25日、アサヒグループホールディングス株式会社とCSCDの共同研究の一貫として、アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター(茨城県守谷市)にて、アサヒグループホールディングス㈱の社員の方々約20名が参加され、西川勝教授による「『できないこと』から老いを考える」と題するセミナーが行われました。その様子を2回に分けてレポートします。

第一回目の今回は、セミナーの前半に西川教授により語られた「研究者にとって対話とは何か」です。

科学と社会の対話とは?~社会と科学技術の関係を考える時間~(1)

2012.5.21 小林 傳司教授セミナー@アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター

2012年6月25日(月)【, ,

去る2012年5月21日、アサヒグループホールディングス株式会社とCSCDの共同研究の一環として、アサヒグループホールディングス㈱研究開発センター(茨城県守谷市)にて、小林傳司教授による「科学と社会の対話とは?〜社会と科学技術の関係を考える時間〜」と題するセミナーが行われました。その様子を2回に分けてレポートします。

アサヒ ラボ・ガーデン

CSCD meets アサヒグループホールディングス株式会社

2012年5月23日(水)【, , ,

「アサヒ・スーパードライ」「十六茶」でおなじみのアサヒグループホールディングス株式会社(以下AG)。酒類・飲料・食品事業をグローバルに展開するAGが、なぜCSCDと共同研究を?その背景には、企業と大学双方が持つ共通の課題-研究開発者の社会貢献・人材育成・情報発信-があった。

CSCD×アサヒ ラボ・ガーデン公開研究会「研究を伝えることの悩み」

大学&企業における研究者のアウトリーチの現状、問題点、意義

2011年10月24日(月)【, ,

日時:2011年10月24日(月)17:00-20:00 
場所:大阪大学豊中キャンパス 教育実践センター教育研究棟I 1F 開放型セミナー室(☞地図
対象:サイエンスカフェやアウトリーチに興味のある教職員、または学生(定員30名程度)
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
共催:アサヒグループホールディングス株式会社
協力:大型教育研究プロジェクト支援室、免疫学フロンティア研究センター

問合せ先 
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
電話 06-6850-6632(平日9:00-17:00)
Eメール cscd★office.osaka-u.ac.jp(★を@に置き換えてご送信ください。)