CSCD

研究活動

政策のための科学

公共圏における科学技術政策

「公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)」は、大阪大学および京都大学の連携による人材育成プログラムです。科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として、2012年1月に発足しました。

従来の科学技術政策では、世の中の人々が科学技術や公共政策に何を期待し、何を懸念しているか、どのような世界に行きたいと欲しているのか、といった社会の期待と懸念を把握する視点が欠落していました。

必要なのは、研究者コミュニティや産業界、政策立案者のみならず、一般の市民も含めた多様な人々や組織・集団が、直接・間接に議論し、熟慮をしたうえで、自ら期待と懸念を顕在化し共有していく参加・関与・熟議のプロセス(科学技術への公共的関与)です。

STiPSでは、科学技術の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)に関する研究と教育を行い、政策形成に寄与できる「政策のための科学」の人材育成を進めていきます。

教育プログラムの詳細

【正式名称】

公共圏における科学技術・教育研究拠点
Program for Education and Research on Science and Technology in Public Sphere (STiPS)

【プロジェクトHP】

http://stips.jp

【関連スタッフ】

小林 傳司、平川 秀幸、八木 絵香、神里 達博、山内 保典、辻田 俊哉

【関連記事】