CSCD

スタッフ

土井 勉Tsutomu DOI

特任教授(まちづくりと総合交通政策) 在籍期間:2015年4月〜

【プロフィール】

これまでの道路などのインフラ整備は需要の増加に対して供給量を充足させる政策が中心でした。しかし、人口減少過程においては需要が減少することになります.量の充足の政策から質の向上を政策とする時代になったわけです。しかし、質の向上は個々人の意向が異なるために共有できる価値観を見出すことが重要です。その際に、重要なものがコミュニケーションです。コミュニケーションを通じたまちづくりを進めたいと考えています。

【主な著作】
【キーワード】

まちづくり,交通政策,コミュニティ,コミュニケーション