CSCD

スタッフ

本間 直樹Naoki HOMMA

准教授(臨床哲学) 在籍期間:2005年4月〜

【プロフィール】

1998年 大阪大学大学院文学研究科博士前期課程単位取得退学(哲学哲学史専攻)。

「臨床哲学」の創設メンバーとして、大阪大学文学部助手、同講師を務め、2006年よりCSCD・大学院文学研究科准教授。臨床哲学では、コミュニケーション論を軸に、哲学的対話の方法論と実践、「こどもの哲学」、身体・セクシュアリティ論などに取り組む。CSCDでは、ワークショップ記録を含めた映像コミュニケーションの実践的研究にも挑戦している。

【リンク】

カフェフィロ(哲学カフェ)
カフェイマージュ

【主な著書】

『ドキュメント臨床哲学』(大阪大学出版会、2010年/共編著)

【キーワード】

コミュニケーション理論、臨床哲学、哲学的対話、こどもの哲学、身体論

【関連記事】