CSCD

スタッフ

高田 珠樹Tamaki TAKADA

教授(哲学・現代思想) 在籍期間:2007年10月〜

【プロフィール】

1981年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学(哲学専攻)。

もともとハイデガーを中心にドイツの哲学・思想を研究してきたが、現代ドイツの様々な動きに関する授業を担当しており、思想に限らず現代社会の諸問題に関心をもつ。インターネットを通して発信される膨大な量のラジオやテレビのニュースや討論、教養番組を、各種端末プレーヤーで随時視聴するのが日課。視聴覚メディアを授業や教養教育に用いる方策を試行している。

【主な著書】

『現代思想の冒険者たち08:ハイデガー 存在の歴史』(講談社、1996年)

【キーワード】

思想史、哲学、ドイツのことを中心に雑学

【関連記事】