はじめによんでください

情報の読み方にかんするテーゼ

Thesis for effective reading of "Information"

解説:池田光穂


    1. あらゆる情報は人間の手を通して加工されたものである。

    2. 人間の手を通して加工されたものには、作為 /無作為にかかわらず間違いや 恣意的な加工がなされている危険性がある。

    3. 情報の読み手が人間である場合(それがほと んどである)、人間が誤りをおかすことがある存在である以上、情報の解釈において、常に絶対 に正確な解釈が保証されるとはかぎらない

    4. そのような不完全な情報と不完全な人間がお りなす情報の世界があるにも、かかわらず衆人が認める妥当な解釈、妥当な理解というものが、 現実には存在する

    5. 論理的には完璧というものがありえないにも かかわらず、われわれが生きてゆくかぎりにおいて、妥当な判断を提供する情報というものがあり、われわれもそのような情報に依拠して、それなりの妥当な判断をくだすことができる

次に進む


上の文章が読みにくい方のために再掲します


知的生産学入門


授業蛙   電脳人類大学

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j,1997-2019