かならず読んでください

フィールドワーク

fieldwork,野外調査,現場調査

解説:池田光穂

フィールドワークの外延的定義は次のとおりです。

フィールドワーク(field work)とは、「研究対象となっている人びとと共に生活をしたり、そのような人びと[インフォーマント] と対話したり、インタビューをしたりする社会調査活動のこと」である。

文化人類学者は、フィールドワークにもとづいて、人びとの生活に関する記述であり同時にその 人類学的考察である記録(主に書物)である民族誌(みんぞくし)を著します。

さらに詳しい解説は以下のあるリンクを参照してください。は用語法や方法論にかんする話、はそこから派生するエッセイ、はさらに周辺領域の話やマニュアルです。

パイドロスに応えるソクラテスのことば

私は学ぶことを愛する人間なのだ。…… とは言え、どうやら君は私を外へ連れだす薬物を発見したようだね!(dokein moi tes emes exodou to pharmakon eurekenai)――『パイドロス』

  • ◆ フィールドワーク論 (概念について議論します)
  • ◆ インフォーマント
  • ◆ 人類学的インタ ビューとは?
  • ◆ 民族誌
  • ◆ 質的研究(→「質的研究のデザイン」)
  • ◆ 量的アプローチ
  • ◆ エスノメソドロジー
  • ◆ グ ラウンディッド・セオリー(grounded theory)
  • ◆ シカゴ学派
  • ◆ フィールドノートの整理
  • ◆ フィールド ワークの期間はどれくらいが適当か?
  • ◆ フィールドワークの現象学
  • ◆ フィールドワーカー の本当の敵は肘掛け椅子の人類学者ではない
  •  フィールドワーク研究の倫理
  •  倫理学者=人類学者?
  • ◆ 若いフィールドワーカーへの助言
  • ◆ 量的研究〈対〉質的研究
  • ◆ リサーチプロポーザルへの5つのステップ
  • ◆ 文化人類学者の情報収集 
  • [関連用語]民族誌 (ethnography)
  • [関連用語]参与観察 (participant observation)
  • Copyright Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2000-2017