かならず読んでください

L'illusion biographique (1922-82)

アービング・ゴッフマン

解説:池田光穂

Erving Virtural Goffman の肖像、Erving Goffman, 1922-1982

本 物の映像はオリジナル出典はこちらです


【はじめて読む方へ】アービング・ゴッフマン(ゴフマンとも表記:Erving Goffman, 1922-1982)は、カナダ生まれのアメリカの 社会学者です。我々の日常の振る舞いの中に社会性を発見する『日常生活における自己提示』(邦訳:行為と演技)、精神病院において社会性を維持する人たち への描写『アサイラム(収容所)』、他者に対する顕示的/隠匿的な負い目の社会的操作の問題を取り扱った『スティグマ』など、1950年代から70年代に かけて一世を風靡しました。以下では、彼の著作を含んだ年譜を記していますが、その中でも特にアサイラムの著作に関連する事象・時期に焦点が当てられてい ます。


1922 カナダ生まれ(6月11 日)。ウクライナ出身の ユダヤ人移民の子供として。

1940 パーソンズとシュッツの間 で往復書簡が交わされ ていた。

1945 トロント大学卒業し、シカ ゴ大学大学院に入学。 仕事と職業に関するEverett Hughesの授業の中ではじめて「全体的施設(total institution)」に ついて聞く。

1949 シカゴ大学修士号(修士論 文:ソープオペラ・ラ ジオ番組の聴取者の反応について の研究)

1949 12月〜1951年5月 (約18か月)シェット ランド諸島Unst島に滞在し、フィールドワーク:農業技術に興味をもつアメリカ人として振 る舞う。[→彼が自分の調査の中で自己提示の問題を実践していたことがわかる]["His mentor, W. Lloyd Warner"[Smith 2006:13]]。

1951年5月 パリに移動、学位論 文を仕上げる(パ リ=マリノフスキー におけるカナリア諸島に相当?:池田光穂のいうゴ フマンのフレンチ・コネクション

1952 アンジェリカ・スカイ [Angegelica Choate, [Smith 2006:8]]と結婚(1952-3 University of Chicago, Division of Social Sciences, Assistant)[当時23歳のAngelica Choateとシカゴで結婚(翌1953年息子トム 出産): "Coolin the mark out: Some aspects of adaptation to failure," Phychiatry 15:451-63.]

1952 ガーフィンケル(Harold Garfinkel, 1917-2011)学位論文『他者の知覚("The Perception of the Other: A Study in Social Order")』(ハー バード)

1953 シカゴ大学学位(12 月)、指導教官ロイド・ ウォーナー、エヴァレット・ヒューズ[学位請求論文(Communication and Conduct in an Island Community.)申請に成功(ロイド・ウォーナー、エヴァレット・ヒュ ーズの審査)/The Presentation of Self in Everyday Lifeのドラフ ト作成に着手、学位取得後、シカゴでエドワード・シルズのリサーチ・ アシスタントになる。]

1953-54 National Institute of Mental Health, Bethesda, Md.

1954 ベセスダ、ワシントン D.C.精神病院研究に着 手(visiting scientist, 1954-57; University of California, Berkeley,)

1954 ガーフィンケル、秋学期よ りUCLAで教鞭につ く

1955-6 セント・エリザベス病 院[エズラ・パウンドEzra Weston Loomis Pound 1945-1958年に入院]

1956 Presentation, Edinburgh Social Sciences Research Center, Monograph No.2(The Presentation of Self in Everyday Life (monograph), University of Edinburgh Social Sciences Research Centre, 1956, revised and expanded edition, Anchor Books, 1959.)

1956 Garfinkel, Conditions of successful degradation ceremonies.

1958 University of California, Berkeley, Assistant Professor(~59)

1959  Presentation..., Dobleday edition (Associate professor, UCB, 1959-62)

1961 Asylums(Anchor edtion)[Asylums: Essays on the Social Situation of Mental Patients and Other Inmates, Anchor Books, 1961, Doubleday (New York City), 1990], Encounter (Bobbs-Merrill)[Encounters: Two Studies in the Sociology of Interaction, Bobbs-Merrill, 1961.]

1962 Professor of sociology, UCB, 1962-68

1963 Stiguma (Prentice-Hall)[Stigma: Notes on the Management of Spoiled Identity, Prentice-Hall, 1963.], Behavior in Public Places (The Free Press)[Behavior in Public Places: Notes on the Social Organization of Gatherings, Free Press of Glencoe, 1963.] ()

1966-7 ハーバード国際問題研 究所(H・キッシン ジャーがいた)でサバティカル休暇

1967 Interaction Ritual: Essays on Face-to-Face Behavior, Doubleday, 1967.

1968 ペンシルバニア大学ベン ジャミン・フランクリン 記念講座教授(〜1982)

1969 Strategic Interacion (Penn. Univ.Press)[Strategic Interaction, University of Pennsylvania Press, 1969.][サバティカル時代の研究成果]

1971 Relations in Public: Micro-Studies of the Public Order, Basic Books, 1971.

1974 Frame Analysis: Essays on the Organization of Experience, Harper, 1974.

1977-78  Guggenheim fellowship

1979 Gender Advertisements, Harper, 1979.

1981 Forms of Talk, University of Pennsylvania Press, 1981.

1981-82 アメリカ社会学会会 長

1982 フィラデルフィアで死去 (11月19日)20日 という主張もある(死因は胃がん)

1997 The Goffman Reader, edited and with preface and introduction by Charles Lemert and Ann Branaman, Blackwell (Cambrigde, MA), 1997.

2006 Erving Goffman.(key sociologists series). by Greg Smith. London: Routledge.

※この年表は、アサイラムの著作に関連する事象・時期におもにその焦点が当てられています。文献リストも御参照ください。