かならず読んでください

暴力について考える(サブノート)

On Thinking on Violences:Commentaries

解説:池田光穂

参考文献はこちら ●スケジュールはこちら ●授業 のチェックポイント

番号
カテゴリ
小分類
(暴力形態:身体的、性的、心理的、剥奪)
1
暴力のタイプ
自己に向かう暴力
自殺(自死)、自己虐待
2

集合的暴力
拉致、監禁、コミュニティ単位の暴力(→戦争、戦闘)、同族間/異種集団間、人種間、民族間;社会的暴力、政治的暴力、経済的暴力
3

戦争・戦闘

4

非=身体的暴力

5

個人間の暴力
家族・親族(パートナー、子供、老人=高齢者)
6

標的化暴力

7

日常的暴力

8
暴力の要因
育児

9

心理学

10

メディア

11
暴力の予防
個人間暴力の予防

12

集合的暴力の予防

13

処罰的正義

14

公衆衛生

15

人権

16

地理的文脈/偏差

17
暴力の疫学
自己に向かう暴力

18

個人間暴力

19

集合的暴力

20
暴力の人類史
S・ピンカー『我々の本性のよき天使たち』をめぐって
S・ピンカー『我々の本性のよき天使たち』について
21
社会と文化
経済的含意

22

宗教的要因

23
文献と資料




近代国家における暴力装置概念
ハンナ・アーレントの考える暴力概念

最新の授業案内=裏バスにもどる


(c) Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copyright 2001-2019

このページの冒頭にもどる