か ならず読んでください

パラミリタリーの起源

The Origines of Paramilitary Organization

解説:池田光穂

パラミリタリーあるいはパラミリタリー組織(準軍事組織、準軍事自警団)とは、軍隊や警察と関わりをもつ「民間」の公認・非公認の準軍事あ るいは暴力組織のことである。

パラミリタリーと言われるのは、基本的に軍隊(ミリタリー)と類似の中央集権的な階級構造をもち、具体的には彼らと親密な関係にある庇護あ るいは被庇護組織による行動において、恐怖や直接的暴力を使って、彼らが考える「統治」を遂行するからである。

パラミリタリー組織の形成のされ方には、所説あり。ひとつには、元警察官や元軍人が引退後も治安維持のために、友愛的なネットワーク組織を もち、地元の警察や直轄する軍隊との関係を保ち、その利権を維持伸張していくためだと考えるものである。軍隊や警察は、国家の「非常事態」には、これらの パラミリタリー組織を利用して、政権の移行や政敵の暗殺や言論の抑圧を円滑に遂行する。この考え方は、パラミリタリーが自生的な性格をもち、軍隊や警察と 「連携」するものから生まれたと考える。他方、パラミリタリーは、明確に中央政府からの働きかけにより形成され、地元の政治組織・軍隊・警察が深くその形 成と維持に関与するものと考える。例えば、農村のゲリラ活動を「防止」するために、中央の軍隊が地元民に銃器を供与し、自警団を組織するのがその典型的な 例である。

パラミリタリーは、その活動において非公然で自律性をもった組織であることが多く、それらと深く関わる政党、軍隊や警察すら把握していない こともある。とくに、それらと深く関わる政党、軍隊や警察などから、銃器や金品の供給――軍事的ロジスティクス――を十分に受けない場合は、パラミリタ リーはいわゆる組織を「自活」させるために、さまざまな犯罪に関わることがある。このようなことから、パラミリタリー組織と、やくざやマフィアなどと峻別 がつかないこともある。

パラミリタリー組織の多くは、伝統的なマッチョ(=男性優位主義)を公的あるいは非公式的に採用しているが、これは、尚武を尊ぶ軍事的伝統 に由来すると思われる。ジョジュル・ソレル(1847-1922)のいう神話的暴力[→リンク] の信奉者たちである。また規律を重んじ、さらに暴力的発露や階級忠誠を尊ぶ傾向があるので、しばしば威信行為をおこなうこともある。他方で、社会からの非 難を畏れて秘密結社的に構成員をリクルートすることもあり、彼らの集団的エートスは非常にアンビバレントである。

リンク

文献

その他の情報

■関東大震災時における同胞の朝鮮人に対する暴力について

"The Home Ministry declared martial law and ordered all sectional police chiefs to make maintenance of order and security a top priority. A false rumor was spread that Koreans were taking advantage of the disaster, committing arson and robbery, and were in possession of bombs. Anti-Korean sentiment was heightened by fear of the Korean independence movement, partisans of which were responsible for assassinations of top Japanese officials and other activities" - https://goo.gl/VtpWHi

Copyright, 2009-2017(c): Mitzub'ixi Quq Chi'j


1923 Great Kantō earthquake and the parmilitatistic voluntary group, JIKEI-DAN, or JIEI-DAN(self-organized defense troop against riots and "suspicious" foreigners)