かならず読んでください

ベトナム戦争の文化表象を考えるためのヒント集

ゆきゆきてベトコン!読書カタログ

ミライ虐殺事件

かいせつ:池田光穂

ザ・ニューヨーク・タイムズが推薦する「ベトナム戦争に関する」フィクション・ノンフィクションの必読書20冊(20 Must-Read Books on the Vietnam War, By SUSAN ELLINGWOODSEPT. 15, 2017)

https://www.nytimes.com/2017/09/15/books/20-must-read-books-on-the-vietnam-war.html

フィクション

ノンフィクション

リンク

文献

その他の情報


回数、 日程 テーマ 内容・ とりあげる作品
ベトナムの表象とはなにか? トリン・ミン・ハ『姓はヴェト、名はナム』

大友克洋『気分はもう戦争』

樹村みのり「星に住む人びと」『星に住む人びと』 秋田書店 ボニータコミックス > 1982年10月10日発行

澤田教一・酒井淑夫『戦場――二人のピュリツァー賞カメラマン』共同通信社、 2002年

ベトナム戦争クロニクル 生井英考『ジャングルクルーズにうってつけの日』ちく ま文庫、1993年[★原著は1987年を増補したもの。この本は私のベトナム戦争への関心を確固としたも のとし、{医療人類学を専攻する}私の研究そのものにもさまざまな影響を与えた本でした]

朴根好「ヴェトナム戦争と「東アジアの奇跡」」山之内靖・酒井直樹編『総力戦体 制からグローバリゼーションへ』所収、Pp.80-120、東京:平凡社、2003年。

虐殺の事実とアメリカ陸軍による「歴史の否認」

タース,ニック『動くものはすべて殺せ:アメリカ兵はベトナムで何をしたか』布 施由紀子訳、みすず書房,2015年(Kill anything that moves : the real American war in Vietnam / Nick Turse, Metropolitan Books : Henry Holt (2013))

国民解放の思想 ファノン『地に呪われた者』

チャールズ・フェン『ホー・チ・ミン伝(上・下)』(岩波新書) 陸井三郎訳、岩波書店

植民地暴力 コンラッド『闇の奥』

コッポラ、F.F.監督『地獄の黙示録』

◆『地獄の黙示録』 (仮想授業用シラバス)

キャサリン・ベステマン編『暴力論集(Violence, A Reader)』[リンク

「残虐な『日本』兵」の表象 ヴァン・デル・ポスト『影の獄にて』 思索社(→大島渚監督『戦場のメリークリスマス』)[影の獄他のヴァン・デル・ポスト評は、山口昌男(「本の神話学」?)にある]

J・G・バラード(Ballard, James. Graham., 1930-)『太陽の帝国』高橋和久訳、東京:国書刊行会。(→スピルバーグ監督『太陽の帝国』)[→Guardian Unlimited によるバラードの紹介はこち ら

戦争の記憶 原一男『ゆきゆきて神軍』

山田洋次監督 『馬鹿がタンクでやってくる』

天皇のポートレイト、あるいは御真影の威光 若桑みどり『皇后の肖像』筑摩書房

原武史『可視化された帝国』みすず書房

田中丸勝彦『さまよえる英霊たち』柏書房

核戦争の脅威 ディビッド・ハルバースタム(Halberstam, David)『ベスト&ブライテスト(上・中・下)』浅野輔訳、朝日文庫、東京:朝日新聞社、1999年[原著は定冠詞がついてThe Best and the Brightest で、1972年に出版されています]

マクナマラ、R.S.『マクナマラ回顧録 : ベトナムの悲劇と教訓』仲晃訳、

東京 共同通信社、1997年

◆ ロバート・ストレン ジ・マクナマラ

べ平連 ヘイブ ンズ、トーマス R.H.『海の向こうの火事 : ベトナム戦争と日本1965-1975』 吉川勇一訳、 東京:筑摩書房、1990年

鶴見良行『べ平連』(鶴見良行著作集2)東京 : みすず書房、2002年

小熊英二「第16章 死者の越境」(鶴 見俊輔と小田実、と吉川勇一[少しだけ]についての記述があります)『<民主>と<愛 国>』Pp.717-792、東京:新曜社

10 全共闘 全共闘白書編集委員会編『全共闘』東京 : 新潮社、1994年
11 「優しい侵略」:右翼の修辞学 小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL台 湾論』小学館、2000年

東アジア文史哲ネットワーク編『<小林よしのり『台湾論』>を超えて』作品社、 2001年

矢内原忠雄『帝国主義下の台湾』岩波書店、1988年(オリジナルは1929 年)

12 兵士の実践共同体 チェ・ゲバラ『ゲリラ戦争』

毛沢東『実践論』

◆ 実践共同体とは何 か ◆ 低強度紛争:対ゲリラ戦略

『マッシュ』

『フルメタル・ジャケット』『ブラック・ホーク・ダウン』

◆ マクドナルド化する社会

13 水俣からみるベトナム戦争 環境汚 染:枯葉剤(→残留DDT、ダイオキシン)

    人災・過失:カネミ油症

レイチェル・カーソン『沈黙の春』青樹簗一訳、新潮文庫、東京:新潮社、 2001年

岡村昭彦,1972「ベトナム戦争と水俣病――「新」植民地主義者の二つの顔」 『国労文化』7号、ページ不詳。(→この文章は岡村昭彦集(筑摩書房)には収載されていません)

社会問題をどのように表象する か?

    石牟礼道子、森崎和江、姜信 子

14 総合討論 総合討論
15 試験 筆記試験

池田蛙  授業蛙  電脳蛙  医療人類学蛙

(c) Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copyright 2003-2016