か ならず読んでください

生殖に関する観念

解説:池田光穂



Copyright Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2003-2014
《Great Joy of Coitus》
 婚姻してセックスするから子供が産まれる(=経験的事実)こと。そして、妊娠のメカニズムに関する民俗的説明(=赤ちゃんの精霊がクランからその女の夢 の中に移行する)の共存は、当事者たちにとって矛盾しない。しかし初期の人類学者(民族学者)たちは、前者のコモンセンスの部分を捨象して――なぜなら研 究者も知っている事実だから、読者を喜ばせられない――後者を強調する。こうして《民俗生殖論》という研究ジャンルができあがりました――人類学の教育者 としての僕の反省でもあり感慨でもあります。――2014年追記

池田蛙  授業蛙  電脳蛙  医療人類学蛙