かならず 読んでください

動物という思想

An Animal Thought, or Philosopie Zoologique

池田光穂

人間と(それ以外の)動物との関係は、人間と いう動物の存在から出発しているので、人間の起源は動物の起源そのものであり、人間の前に動物はおらず、また人間の後にも動物はいない。したがって、人間 を考えることは動物を考えることであり、動物を考えることは他ならぬ人間を考えることなのである。にも関わらず、人間はつねに、動物というものを〈対象 化〉し、それを〈対峙〉することで、人間としてのアイデンティティを形成してきたことも事実である。人間は動物を見つめることで、動物ではないことを志向 する〈動物〉である。人間は動物を考えることで、自らが動物ではないことを思考する〈動物〉である。

リンク

文献

その他のリンク


(c)Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copy&wright[not rights] 2012-2017

Do not paste, but [re]think this message for all undergraduate students!!!