はじめによんでください 

移行期正義

Transitional Justice in Conflict and Post-Conflict Societies

解説:池田光穂

移行期正義(いこうき・せいぎ、Transitional Justice)とは、紛争(戦争・内戦を含む) 期あるいは紛争後の社会における法の支配において、過去の大規模な人権侵害とその結果に対して折り合いをつける社会の試みの過程と仕組みの総体のことをい う。より簡潔に言えば、紛争が終結した後に、かつての政治指導者や軍事組織の指導者や実行者の審理と処罰について、おこなわれる正義の実践のことである。

移行期正義においては、以下のような社会的過程がみ られる:(1)刑事訴追、(2)真実委員会または公聴会の実施、(3)補償、(4)制度改革、(5)公的謝罪、(6)記念物、追悼集会、博物館(出典:http://bit.ly/1G4BkJv

かつては、内戦合意などの政治的和平交渉のプロセス において、紛争期の戦闘行為に関する責任は包括的に免責するという規定がしばしばみられたが、ここで問題になるのは、さまざまな人権侵害事案である。とり わけ軍隊の中に秘密諜報組織を持つ場合、治安維持の目的でしばしば超法規的処刑がなされており、十分な証拠記録が残されない場合がある。また刑法では法律 不遡及の原則(=法が施行される以前にまで遡って刑の適用を回避する原則)や罪刑法定主義(=犯罪の処罰には予め立法によりその犯罪や行為に対する刑罰を あらかじめ定めなければ罪に問えないルール)があるために、想定もされなかったタイプの人権違反や犯罪を罪に問い難いという法制度上の問題もある。それゆ え、紛争中の(反乱軍事組織を含む)軍の治安維持機能には、必然的に構造 的暴力が生じるゆえんである。

そのために、人道主義の概念に照らし、人権侵害とそ の結果に対して、社会が適正な処罰をおこない、あわせて調停・和解(reconciliation)をおこない、社会が維持する正義の機能を修復しなけれ ばならない——これらを包括して修復的司法(しゅうふくてきしほう, Restorative Justice)と呼ぶ。

リンク先

文献

Copyright Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2015

仮想 医療人類学辞典

ヒグマ右鮭つきのわひぐまつきのわひぐま