かならず 読んでください

犯罪化と脱犯罪化

HANZAI-KA and DATSU-HANZAI-KA (in Japanese), Criminalization and de-criminalization

池田光穂

犯罪化(criminalization)とは、社 会行為のレパートリーのひとつが、社会ないしは法的制度により、犯罪として規定されて、取り締まりや処罰の対象になることをいう。脱犯罪化(de- criminalization) とは、かって犯罪とみなされていた、社会的行為のレバートリーのひとつが、もはや犯罪とみなされなくなることをいう。犯罪は、社会における正義を定義する 公権力やそれが準備する法的制度が定義するために、社会の人たちから、異様で異常な行為のひとつ(=これを逸脱、あるいは逸脱行動という)とみなされてい るものと必ず合致するものではない。

ウィキディアには、犯罪化については次のように記載 されてある。

Criminalization or criminalisation, in criminology, is "the process by which behaviors and individuals are transformed into crime and criminals". そしてこの引用文献は、Michalowski, R. J. (1985). Order, Law and Crime: An Introduction to Criminology. New York: Random House., p.6, である。

犯罪化と脱犯罪化は、法的概念の変化のみに規定され るものではない。社会が逸脱行動をどのように捉えるのかは、その社会の人たちの心情(エートス)の影響を強く受ける。

刑罰とその刑罰を思い出したときに将来する情動の歴 史的変化を想像することができる人たちは、法概念の相対性についての――論理的はともかくとして感覚的には――容易に理解することができるだろう。という ことは、何を犯罪として何を犯罪とみなさないかという人びとの心情(エートス)もまた、その社会が規定する犯罪の定義とは無関係に変化することもまた理解 可能なのだ。

文献


sa

(c)Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copy&wright[not rights] 2015

Do not paste, but [re]think this message for all undergraduate students!!!