かならず 読んでください

阿片と台湾統治・関連年表

Opium in Taiwan, 1895-1946

池田光穂

■阿片と台湾統治・関連年表

「1970年代の半ばごろのある日、星新一氏の「人 民は弱し官吏は強し』を買った。もともとSF小説を読むつもりであったが、しかし、問書はSF小説ではなく、小説家の手法で、台湾の阿片専売をめぐる政治 疑獄——台湾阿片事件——を扱ったものであり、私は全身が感電したかのように、一気に読み終えた。これが「日本阿片問題の研究」のそもそもの契機である」 (劉 1983:241)。

出典(劉 1983:245-249)

1573-1612 阿片吸食の悪習、台湾に伝わ る。

1624-1662 オランダ、台湾を領有。

1662-1683 鄭氏政権、台湾を支配。

1683 台湾中国領となる

1729 清朝政府、はじめて阿片吸食の禁令を公 布。

1779 イギリス東インド会社、インド阿片の独占 販売をはじめる。

1840-1842 第一次阿片戦争First Opium War)、 南京条約(Treaty of Nanking)締結。

1848 台湾道徐宗幹「請壽議備貯蓄」を上書、台 湾の阿片禍を痛論。

1856-1858 第二次阿片戦争Second Opium War)、 天津条約を締結、中国への阿片輸入合法化される。

1856 ハリス、老中堀田正陸に阿片の惨禍を響 告、1858年以後日本は諸外国との条約に、阿片輸入禁止の条項をもりこむ。

1858 中国、イギリス・フラシス・アメリカに台 湾を開港。/江戸幕府「安政5カ国条約」中に阿片輸入禁止項目。

1868 日本・太政官布告319号、阿片吸食禁制 の布告。

1870 日本「販売鴉片烟律」「生鴉片取扱規則」 を公布、同時に在留中国人にも阿片厳禁の沙汰。

1874 日本、台湾に出兵。

1877 横浜在留英商ハルトレー、第一次阿片密輸 入事件を起す。

1878 ハルトレー、第二次阿片密輸入事件を起 す。

1880 太政官布告36(旧刑法)により鴉片の輸 入売買吸飲を厳禁する。

1894 7月1日:日清戦争起る。/八月:中村純 九郎、台湾領有の意見書を提出。

1895 4月10日下関講和会議の席上、台湾の阿 片問題が提起され、伊藤首相、将来禁断することを公言、論文の反阿片協会から頌徳状を送られる。

1895 4月17日日清講和条約締結、日本、台湾 を領有。

1895 5月10日樺山資紀、台湾総督に任ぜられ る。

1895 6月2日基隆港外にて樺山、李経方と台湾 授受の手続。水野民政局長、台湾駐在の各国領事に、外国人を保護する旨声明。

1895 6月17日総督府、台北にて始政式を行 う。

1895 7月06日樺山総督、「台湾人民軍事処分 令」、「租税■免の諭示」を公布。

1895 7月19日西国寺外相代理、各国政府に台 湾領有を宣言。

1895 7月中 台湾人の抵抗する陣営が、阿片禁 断を含む「日本条例」を偽造し、各地に貼布した。

1895 7月25日内務省衛生局員加藤尚志、阿片 厳禁の意見書を提出。

1895 7月30日水野民政局長、阿片、弁髪、纏 足等、台湾人の民俗に関し、みだりに談話せぬよう関係官に内論。

1895 8月05日台湾各地に、抵抗する台湾人の 機密を探知する「保良局」を設置

1895 9月07日樺山総督、在台日本人に阿片吸 食厳禁の告諭を布告。

1895 11月17日「台湾住民刑罰令」公布。

1895 11月18日樺山総督、大本営に台湾平定 を報告。

1895 11月20日総督府参謀長、日本人に阿片 吸食の便を提供した台湾人の阿片犯罪を、当分の間不問にするよう関係官に内諜。

1895 11月14日l後藤新平、阿片吸食の漸禁 を内容とする「台湾島阿片制度二関スル意見」を提出。

1895 12月30日台湾人の武装ゲリラ(「匪 徒」)、各地に蜂起。

1896 1月19日現行条約の台湾適用を各国に宣 言。

1896 2月03日台湾事務局、阿片漸禁政策を決 定。

1896 2月22日台湾駐在各国領事に対し、翌日 より現行条約の台湾適用を通告。

1896 2月26日台湾総督、将来阿片を薬用とし て政府より専売する旨、台湾人に告示。

1896 3月23日後藤新平、「台湾島阿片制度施 行ニ関スル意見書」を提出、阿片漸禁政策と阿片専売制度を具体化。

1896 3月30日後藤新平、台湾総督府衛生顧問 に任ぜられる。「台湾ニ施行スヘキ法令ニ関スル法律」(「六三法」)公布。

1896 4月01日阿片煙膏を製造する製薬所を設 置。加藤尚志向所長に任ぜられる。

1896 10月01日製薬所、阿片煙膏製造閲始。

1897 1月21日「台湾阿片令」公布

1897 2月26日「台湾総督府特別会計法」公 布。

1897 4月01日台湾阿片令(阿片専売制度)台 北市街より実施、同年末に全団施行。

1897 5月08日台湾入国籍選択最終日。

1897 5月27日在台外国商人の阿片、すべて買 上げられる。

1897 6月01日保良局を廃止。

1898 2月26日児玉源太郎、台湾総督に任命さ れる。

1898 3月02日後藤新平、民政局長(のち長 官)に任命される。

1898 3月12日阿片煙菅販売人の要件を「従来 の営業者に限る」から「身元■ナル者」に変更。

1898 8月17日阿片令第一次改正。

1899 4月食塩の専売はじまる。

1899 7月樟脳の専売はじまる。

1900 4月阿片煙膏のモルヒネ抽出はじまる。

1900 9月阿片吸食特許者第一回網羅完了。

1902 2月阿片令第二次改正。阿片吸食特許者第 二回網羅完了。阿片■者名簿完成。

1902 12月後藤新平、阿片専売制度の功績によ り、勲二等旭日章を授与される。

1904 2月日露戦争はじまる。

1905 

1906 10月清朝「禁煙章程十条」——10年以 内に輸入と国産阿片の害を徹底的に根絶することを目的とする。

1907 

1908 

1909 

1911

1912 1月23日「ハーグ国際阿片条約」/1月 1日孫文を臨時大総統(臨時大統領)として中国大陸を中心とする中国を代表する国家として成立。同年2月12日清朝の皇帝である愛新覚羅溥儀が退位するこ とによって、その後袁世凱が大総統(大統領)に就任。3月「阿片厳禁令」

「ハーグ国際阿片条約」とは、中国および極東諸国を 禁輸国として阿片とモルヒネの製造取り締まりに関する国際条約。日本も批准。

1913

1914

1915

1916

1917

1918 1月パリ講和会議

1918 6月 ベルサイユ平和条約調印 第295 条にハーグ国際阿片条約への加入を規定した。

1918 12月 天津ノース・チャイナ・ヘラルド 紙「日本人の阿片密輸に対する非難」を掲載

1919 2月ニューヨークタイムズ紙は(天津ノー ス・チャイナ・ヘラルド紙の)「日本人の阿片密輸に対する非難」を転載。

1919 2月中野有光、大連民政所長に就任

1919 6月 国際連名に阿片諮問委員会を設置

1919 7月 中国人阿片吸食者の台湾への入国を 禁止

1920

1921

1922

1923

1924

1925 

第一次阿片会議条約、第二次阿片会議条約で、阿片貿 易の制限——日本の条約を批准。しかし大陸での鴉片栽培や輸入・販売などを続けていたために、後の東京国際軍事裁判で問題視され、興亜院の組織的関与が裁 かれる。

1926

1927

1928 中華民国刑法(南京国民政府)阿片に関す る罪(19章第271-277条)同年9月禁煙運動の本格化。

1929

1930

1931 「麻薬の製造制限及び分配取締に関する条 約」で阿片貿易の完全禁止。

1932

1933

1934

1935

1936 12月阿片令第四次改正。

1937 

里見甫(さとみ・はじめ)「1937年11月、上海に移り、参謀本部第8課(謀略 課)課長影佐禎昭に、中国の地下組織や関東軍との太い人脈と、抜群の中国 語力を見込まれ、陸軍特務部の楠本実隆大佐を通じて特務資金調達のための阿片売買を依頼される。1938年3月、阿片売買のために三井物産および興亜院主 導で設置された宏済善堂[→「昭和通商」]の副董事長(事実上の社長)に就任 する。ここで、三井物産・三菱商事・大倉商事が共同出資して設立された商社であり実態は陸 軍の特務機関であった昭和通商や、中国の地下組織青幇や紅幇などとも連携し、1939年、上海でのアヘン密売を取り仕切るいわゆる「里見機関」を設立。ペ ルシャ 産や蒙古産の阿片の売買によって得た莫大な利益を関東軍の戦費に充て、一部は日本の傀儡であった汪兆銘(汪精衛)政権に回した。また、里見機関は、関東軍が極秘に生 産していた満州産阿片や、日本軍が生産していた海南島産阿片も取り扱っている。この活動を通じて、青幇の杜月笙・盛文頤や、笹川良一、児玉誉士夫、吉田裕 彦、岩田幸雄、許斐氏利、阪田誠盛、清水行之助らとの地下人脈が形成された」(ウィキ日本語「里見甫」より)

1938

1939

1940 10月大政翼賛会発足。台湾で皇民化運動 推進。

1940 12月 杜聡明「阿片吸食特許矯正治療建 議書」を提出./大政翼賛会成立(日本、10月12日)

1941

1942 8月興亜院「支那阿片需給会議」

1943 阿片令第五次改正

1944 9月阿片煙膏製造停止、残存阿片吸食特許 者、全員更生院に収容

1945 8月日本敗戦。台湾を放棄

1945 10月 国府軍、台湾進駐。更生院を「戒 煙所」に解明、杜聡明、所長となる。

1946 6月 最後の矯正息者退院、第三期矯正事 業終る。「戒煙所」閉鎖。

■劉明修(伊藤潔 1937-2006)『台湾統治 と阿片問題』1983年 with password

1.台湾あへん問題の歴史的背景:01-Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983.pdf

2.過渡的措置と漸禁政策(1895-1897 年):02-Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983-2.pdf

3.前期漸禁政策の展開(1897-1930年):03-Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983-3.pdf

4.国際あへん問題と日本:4&5- Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983-4.pdf

5.国際あへん問題と台湾:(上に同じ)

6.後期漸禁政策の展開(1930-1942年):6&7-Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983-5.pdf

7.台湾阿片問題の終焉:(上に同じ)

8.結語、年表、索引等:8-Ryu_Meishu_Opium_taiwan_1983-6.pdf

リンク

文献

その他の情報


---------------------------------------------------------------------------
(c)Mitzub'ixi Quq Chi'j. Copy&wright[not rights] 2017-2018

Do not copy & paste, but [re]think this message for all undergraduate students!!!