はじめにかならずよんでください

素朴な反・帝国主義運動

Naive Anti-Imperialists in 1971: An Inquisition

垂水源之介

■ 審問 ■

戦争宣言 共産主義者同盟赤軍派軍事革命委員会

(1969年9月3日)

________________________________________________

世界革命戦争宣言

________________________________________________

共産主義者同盟赤軍派 日本委員会 上野勝輝


ブルジョワジー諸君! 我々は君たちを世界中で革命戦争の場に叩き込んで一掃するために、ここに公然と宣戦を布告するものである。 ブルジョワジー諸君! 君たちがたとえ、アメリカ軍、NATO軍、安保軍、ベトナム連合軍など等全世界の警察を総動員しようとも、君たちが骨抜きにし変質させたソ連、ワルシャワ 軍までをも動員したとしても、我々は全世界のプロレタリア人民の力を世界党 世界赤軍 世界革命戦線の下に結集し、必ずや叩きのめしてしまう事を通告する

君たちの歴史的罪状は、もう分かりすぎている。君達の歴史は血塗られた歴史である。第一 次、第二次世界大戦、君たち同士の仲間をだまして動員し、互いに殺し合わせ、あげくのはてにはがっぽりと儲けているのだ。

君たちは植民地を略奪するために我々の仲間を殺した。 仲間をそそのかし、植民地を略奪したら分け前をやると言って、後進国の仲間を、君たちがそそのかした仲間を使って殺させたのだ。 それだけではない。そうやって略奪した植民地を君達同士で奪い合う強盗戦争にも、同じように仲間をそそのかして殺し合わせた。

我が日本のブルジョワジー諸君! 君たちにもウソとは言わせない。「富国強兵」のスローガンのもと、日清 日露 第一次 第二次の強盗戦争をやったではないか

我々はもう、そそのかされ、だまされたりはしない。否、そそのかされ、だまされるだけで はない。我々は過去の恨みを持って呪うと共に、またまた君たちのやろうとする事に対して、今度は我々の側には用意がある。

君達にベトナムの仲間を好き勝手に殺す権利があるのならば 我々にも君達を好き勝手に殺す権利がある。

君たちにブラック・パンサーの同志を殺し、ゲットーを戦車で押しつぶす権利があるのな ら、我々にも、ニクソン、佐藤、キッシンジャー、ド・ゴールを殺し、ペンタゴン、防衛庁、警視庁、君達の家々を爆弾で爆破する権利がある

君たちに、沖縄の同志を銃剣で突き刺す権利があるのなら、我々にも君達を銃剣で突き刺す 権利がある。 君達が朝鮮で再び戦争をやるために、自衛隊を増やし、フォーカス・レチナや三矢作戦(註:1)をやり、朴独裁3選のためにそれに反対する任君を逮捕し、死 刑にする 権利があるのならば、我々にも赤軍を建軍し、革命戦線を作り、君たちを逮捕し、死刑にする権利がある。

アメリカのブルジョワジー諸君! 君たちは第二次世界大戦後、朝鮮で、コンゴで、ベトナムで、普段に仲間を殺し続けてきた。

日本のブルジョワジー諸君! 君達は、自衛隊、機動隊を増やし、今ベトナムに協力し、将来朝鮮に派兵しようとしている。

西ドイツのブルジョワジー諸君! 国防軍を強化しフランスをけん制し、チェコや東欧や中近東に目を光らせて何をしようというのだ

ブルジョワジー諸君! いつまでも君達の思い通りになると思ったら大間違いだ 我々は過去、封建領主のもとでは家畜のように領土のおりの中に縛り付けられた農奴であった。君たちには、この身分の枠を破り、我々を君たちの自由にするた めに、「自由 平等 博愛」のスローガンの下、領主達と戦った だが今や、我々を君たちの好き勝手にされることを公然と拒否する事を宣言する。

君達の時代は終わりなのだ

我々は地球上から階級戦争を無くすための最後の戦争のために、即ち世界革命戦争の勝利の ために、最後まで戦い抜く 我々は、自衛隊、機動隊、アメリカ軍諸君に公然と銃を向ける。 君たちは殺されるのがイヤなら、その銃を後ろに向けたまえ! 君たちをそそのかし、操っているブルジョワジーに向けて

我々、世界のプロレタリアートの解放の事業を邪魔するやつは、だれでも、容赦なく革命戦 争の只中で抹殺するだろう

万国のプロレタリアートよ 団結せよ! 世界革命戦争宣言をここに発する

プルジョワジー諸君

我々は世界中で君達を革命戦争の場に叩き込んで一掃するために、ここに公然と宣戦を布告 するものである

君達の歴史的は、もはやわかりすぎている。

君達の歴史は血塗られた歴史じゃないか

君達の間での世界強奪戦争の為に我々をだまし

互いに殺あわせてきた

嘘だとは言わせない

我々はもうそそのかされだまされはしない

君達にベトナムの民を好き勝手に殺す権利があるなら

我々にも君達を好き勝手に殺す権利がある

君達にブラックパンサーを殺し

ゲットーを戦車で押しつぶす権利があるなら

我々にも ニクソン・佐藤・キージンガー(註:2)・ドゴールを殺し

ペンタゴン、防衛庁、警視庁、君達の家々を爆弾で爆破する権利がある

君達に沖縄の民を銃剣でさし殺す権利があるなら

我々にも君達をナイフで突き殺す権利がある

いつまでも君達の思い通りになると思ったら大間違いだ

君達の時代はすでに終わった

我々は最後の戦争の為に 世界革命戦争の勝利の為に

君達をこの世から抹殺する為に 最後まで戦い抜く

我々は自衛隊、機動隊、米軍諸君に公然と銃を向ける

殺されるのがいやならその銃を後に向けろ

君達をそそのかし うしろであやつる豚ども(註:3)に向けて

我々を邪魔する奴は 容赦なく抹殺する

世界革命戦争宣言をここに発する



註:1)三矢(みつや)作戦とは自衛隊を周辺有事の際に使う軍事行動のための法的整備、いわゆる有事法制のための自衛隊内での秘密(といっても後 によく知られることとなる)の研究会のことである。昭和38年度の符牒として使われた説が有力に思われる。「三矢研究(みつやけんきゅう)とは1963年 (昭和38年)に自衛隊統合幕僚会議が作戦研究で極秘に行っていた机上作戦演習(シミュレーション)である。正式名称は昭和三十八年度総合防衛図上研 究。……概略としては、まず朝鮮半島で武力紛争(第二次朝鮮戦争)が発生し、これが日本に波及する場合を想定し、これを例題として非常事態に対する日本防 衛のための自衛隊の運用並びにこれに関連する諸般の措置及び手続きを統合の立場から研究することを目的とした」ウィキ「三矢研究」
註:2)キッシンジャーの誤りであるが、歌の中ではパンタは実際にこのように発話している。 また日本のメディアが当時キッシンジャーを紹介した時には、キージンガーと呼ばれていたらしい。

註:3)原文はブルジョアジーであるがこのように なっている。ブルジョアは誹謗の対象として豚と表現されるので、文意は不自然ではな い。

出典:頭脳警察『頭脳警察1』ZKC-001, 2001