かならずよんで ね!

フィンテック・イノベーション入門

FinTech Innovation

池田光穂・松浦博一

■レクチャー:フィンテックの考え方

●フィンテックとは?——Finance (金融)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた言葉

フィ ンテックとは、「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるい は破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」の意味であるが、金 融工学が導入された以降の、急速な金融市場の革命のことをさす。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の 機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となると、日本語ウィキペディアに解説しているが、これはフィンテックの構造的変化と、 期待される機能、そして、将来の可能性のビジョンが混在する、学問的定義としては未熟なものである」フィ ンテック

●松浦博一教授のフィンテック入門

(1)7つのサービス:1)決済、2)融資、3)融 資、4)財務管理、5)資産運用、6)家計、7)仮想通貨

(2)話題提供

全銀協が発表したオープンAPI (Application Programming Interface)の取り組み状況

1)オープンAPIのあり 方に関する検討会

2)<み ずほ>APIの拡充について:APIプラットフォーム基盤の構築を目指して

3)オー プンAPIに対する銀行界の取組み(社)全国銀行協会(pdf)

(3)P2P融資サービス、ソーシャルレンディン グ、クラウドファンディング

P2P融資サービスピアツーピアレンディング):P2Pレンディング(ピアツーピアレンディ ング)とは、Peer to Peer レンディングの略語で、インターネットを通じ資金の貸し手と資金の借り手をマッチングする仕組みのことを言う

ソーシャルレンディング:ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会 社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービス

クラウドファンディング:クラウドファンディング (crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通して自分の活動や夢を発信す ることで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみ

●FinTech 大全の分析:The FINTECH Book: The Financial Technology Handbook for Investors, Entrepreneurs and Visionaries


The FINTECH Book: The Financial Technology Handbook for Investors, Entrepreneurs and Visionaries, 2016

1. Introduction


Banking and the E-Book Moment 6


Why We’re so Excited About FinTech 10


Current Trends in Financial Technology 13

2. FinTech Themes



Banks Need to Think Collaboration Rather Than Competition 20


Global Compliance is Key 22


Lending (Capital) in the 21st Century 25


The Next Big Innovation in FinTech – Identity 28


Tech Giants Becoming Non-Bank Banks 31


Design is No Longer an Option – User Experience (UX) in FinTech 34

3. FinTech Hubs



Nurturing New FinTech Communities 42


La (French) FinTech Connection 45


The Journey Towards an Integrated FinTech Ecosystem – The Netherlands 48


Luxembourg, a Future FinTech Hub? 51


Vienna as the No. 1 FinTech Hub in Mobile Payments? 53


India’s FinTech Ecosystem 56


Singapore, the FinTech Hub for Southeast Asia 58

4. Emerging Markets and Social Impact



FinTech – The Not So Little Engine That Can 66


Why Am I Not Gonna Be Able to Enter a Bank? 69


The Rise of the Rest in FinTech 72


Smartphones, FinTech, and Education – Helping the Unbanked Reach Financial Inclusion 75


The Social Impact of FinTech in Nigeria 78


India and the Pyramid of Opportunity 81

5. FinTech Solutions



Rewiring the Deal – The Path Forward for B2B Supply Chains 88


Payments and Point of Sales (POS) Innovation 92


Predictive Algorithms – Building Innovative Online Banking Solutions 95


Big Data is the Cornerstone of Regulatory Compliance Systems 100


FinTech Solutions in Complex Contracts Optimization 106


Behavioural Biometrics – A New Era of Security 109


Ultra-Fast Text Analytics in Trading Strategies 112


Regulated Crowdfunding Ecosystems 117


Remittances – International FX Payments at Low Cost 120


FinTech Solutions for Small Businesses 123


Payment Solutions Including Apple Pay 125


FinTech Solutions Benefiting other Sectors 128


FinTech Innovation for Wearables 131

6. Capital and Investment



Investment and Capital – Back to Basics 138


Angel Investing – Access to “Smart Money” to Fund the Best FinTech Companies 141


Crowdfunding and Marketplace (P2P) Lending – Online Capital Marketplaces as New Asset Classes to Access Funding 144


The Digital Investment Space – Spanning from Social Trading to Digital Private Banking – A FinTech Sector Made for Disruption? 147


Leading the Way with an Investor-led Approach to Crowdfunding 149


My Robo Advisor was an iPod – Applying the Lessons from Other Sectors to FinTech Disruption 152


Crowdsourced Alpha 155


To Crowdsource a Hedge Fund 160


Providing Capital and Beyond 162

7. Enterprise Innovation



Can Banks Innovate? 170


So, You Think the Innovation Lab is the Answer? 173


FinTechs and Banks – Collaboration is Key 179


Partnerships Are the Key to Addressing Financial and Digital Exclusion 183


Corporate Venture Capital – The New Power Broker in the FinTech Innovation Ecosystem 186


The Insurance Opportunity 190

8. More Success Stories



eToro – Building the World’s Largest Social Investment Network 196


Avoka – An Overnight Success, 13 Years in the Making 198


Bankable – Banking as a Service 201


The Next Chapter in Citi’s Story of Innovation 203


FinTech Trends from the Frontline – Building Collaborative Opportunities for Start-ups, Market Infrastructures, and Wholesale Banks 206

9. Crypto-currencies and Blockchains



FinTech + Digital Currency – Convergence or Collision? 212


Blockchain and Crypto-currencies 217

10. The Future of FinTech



How Emerging Technologies Will Change Financial Services 226


The Future of Financial Services 229


Banking on Innovation Through Data 232


Why FinTech Banks Will Rule the World 235


The FinTech Supermarket – The Bank is Dead, Long Live the Bank! 238


Banks Partnering with FinTech Start-ups to Create an Integrated Customer Experience 241


The Rise of BankTech – The Beauty of a Hybrid Model for Banks 245


FinTech Impact on Retail Banking – From a Universal Banking Model to Banking Verticalization 248


Embracing the Connected API Economy 253


Banking Like Water 258


Eliminating Friction in Customers’ Financial Lives 261


FinTech is the Future Itself 264


A Future Without Money 267


Ethics in FinTech? 270


List of Contributors 273








フィンテツク:その基本的な考え方

(ここは再掲です)「フィンテックとは、「ICTを駆使した革新的 (innovative)、あるい は破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」の意味であるが、金 融工学が導入された以降の、急速な金融市場の革命のことをさす。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の 機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となると、日本語ウィキペディアに解説しているが、これはフィンテックの構造的変化と、 期待される機能、そして、将来の可能性のビジョンが混在する、学問的定義としては未熟なものである[のではないか?]」フィンテツク

フィンテックは、略号やニックネームであり「金融テクノロジー」がより適切な言葉:"Financial technology (abbreviated fintech or FinTech) is the technology and innovation that aims to compete with traditional financial methods in the delivery of financial services.[1] It is an emerging industry that uses technology to improve activities in finance.[2] The use of smartphones for mobile banking, investing, borrowing services[3], and cryptocurrency are examples of technologies aiming to make financial services more accessible to the general public. Financial technology companies consist of both startups and established financial institutions and technology companies trying to replace or enhance the usage of financial services provided by existing financial companies." - Financial technology.

●垂水源之介の理解:フィンテックとは「貨幣として の記号の経済学」

貨幣とは?:古典派、新古典派経済学、マルクス、す べて、貨幣は実体経済を動かす媒体として考えた。媒体としての商品の精髄はカール・マルクスの普遍的商品としての貨幣論。そして、使用価値と交換価値の峻 別。使用価値よりも交換価値が〈市場〉を支える

記号の経済学:ジャン・ボードリヤール(Jean Baudrillard)『消費社会の神話と構造』(La Société de Consommation 1970):ボードリヤールのテーゼは「各種の商品は、その使用価値だ けで用いられるのではなく、社会的権威や幸福感といった他人との差異を示す「記号」として現われる」ということだ。デジタルエコノミー、あるいは、フィン テックにおいては、その記号はデジタルで表現される。【その章立て】→第1部 モノの形式的儀礼(消費の奇蹟的現状;経済成長の悪循環) 第2部 消費の理論(消費の社会的論理;消費の理論のために;個性化、あるいは最小限界差異) 第3部 マス・メディア、セックス、余暇(マス・メディア文化;消費の最も美しい対象—肉体;余暇の悲劇、または時間浪費の不可能;気づかいの秘蹟;豊かな社会のアノミー) 結論 現代の疎外、または悪魔との契約の終わり」

記号-貨幣-経済、の三構造論(Georges Dumézil)「1938年、デュメジルはインド・ヨーロッパ語族の三機能イデオロギー、すなわち、インド神話における祭司階級・戦士階級・生産者集団の三区分と、ローマの三神(ユピテル・マルス・クィリヌス)が対応し、そのそれぞれの職分と機能が共通する構造を持っていることを発見」したが、ここでの理解は、記号-貨幣-経済が、それぞれ、祭司-戦士-生産に対応。エミール・バンヴニスト(Émile Benveniste, 1902-1976)は、「『一般言語学の諸問題』(Problèmes de linguistique générale)では、ソシュールの「ラング」の言語学の静態性を批判し、文法を超えた文の完結性(表意作用と指向性)に焦点を当て、個別、一回的な ディスクールによる現実状況への参加を射程に収めた「ディスクール」の言語学を提唱。ポール・リクールらの物語論に影響を与えた」

●フィンテック覚書

●文化としてのフィンテック

フィンテックは「イノベーションカルト」として位置づけられるかもしれない。イノベーションカルトとは、「イノベーション(=びっくりするような刷新を社会 システムにまで影響を与え成し遂げること)を、冷静な分析なしに、宗教のごとく崇拝することをイノベーション・カルト(=イノベーション崇拝)という」。

これに類したものとして「カーゴカルトサイエンス」がある。

Links

リンク

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099

形相の存在の不可思議に驚愕する哲学猫

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙