かならずよんで ね!

ジジェク大全

Uncychropedia of Slavoj Zizek

池田光穂

簡単な年譜(スラヴォイ・ジジェク, Slavoj Žižek b. March 21, 1949- ならびにトニー・マイヤーズの著作より)

1949 (旧ユーゴスラヴィア)のスロベニアのリュブリアナで生まれる

c 1966 哲学者になりたいと思うようになる

1969 最初の本の出版

1971 哲学と社会学の学士号

1975 哲学の修士「フランス構造主義の理論的実践的重要性」

1977 スロベニア共産党中央委員会に職をえる

1979 リュブリアナ大学社会研究所研究員

1981 リュブリアナ大学大学院で哲学博士号。パリに旅行。同年、ジャック・ラカン(Jacques Lacan, 1901-1981)が死去。

1985 パリ第八大学のジャック=アラン・ミレールで精神分析の博士号

1990 大統領選挙に出馬。5位に終わる。

2020 全世界で大活躍中(International Journal of Zizek Studies, ISSN 1751-8229)[FB

イデオロギーの崇高な対象(原著は1989年)
2001,2015

斜めから見る——大衆文化を通してラカン理論へ
1995

為すところを知らざればなり——政治的要素として享楽


汝の症候を楽しめ——ハリウッド〈対〉ラカン
2001

否定的なもののもとへの滞留——カント、ヘーゲル、イデオロギー批判
1998,2006

快楽の転移
1996

仮想化しきれない残余
1997

幻想の感染
1999
『幻想の大疫病』ノート///////////
厄介なる主体——政治的存在論の空虚な中心
2005,2007
厄介な多文化主義批判「自己植民地化」論多文化主義啓蒙思想としての人種主義政治神学リップ・ヴァン・ウィンクル多文化主義批判について考える/////
脆弱なる絶対——キリスト教の遺産と資本主義の超克
2001

いまだ妖怪は徘徊している!
2000

全体主義——観念の〈誤〉使用について
2002
全体主義の日常的形態カント倫理学の誤読//////////
信じるということ
2003

テロルと戦争——現実界の砂漠へようこそ
2003

操り人形と小人——キリスト教の倒錯的な核
2004

身体なき器官


イラク——ユートピアへの葬送
2004

絶望する勇気
2018

もっとも崇高なヒステリー者——ラカンと読むヘーゲル
2016

ラカンはこう読め!
2008

パララックス・ヴュー
2010

大義を忘れるな——革命・テロ・反資本主義
2010

ジジェク、革命を語る——不可能なことを求めよ
2014

ロベスピエール/毛沢東——革命とテロル
2008

ポストモダンの共産主義——はじめは悲劇として、二度目は笑劇として
2010

事件!哲学とは何か
2015

ヒッチコックによるラカン——映画的欲望の経済
1994

ヒッチコックXジジェク
2005

2011 危うく夢見た1年
2013

ジジェク自身によるジジェク
2005

人権と国家——世界の本質をめぐる考察
2006

迫り来る革命 レーニンを繰り返す
2005

暴力 : 6つの斜めからの省察
2010
歴史生命倫理学///////////
First as Tragedy, then as Farce, (Verso, 2009).
栗原百代訳『ポストモダンの共産主義──はじめは悲劇として、二度めは笑劇として』(筑摩書房[ちくま新書], 2010年)
2009

The Year of Dreaming Dangerously, (Verso, 2012).
長原豊訳『2011危うく夢見た一年』(航思社, 2013年)
2012

Demanding the impossible, (Cambridge : Polity, 2013).
パク・ヨンジュン編、中山徹訳『ジジェク、革命を語る――不可能なことを求めよ』(青土社, 2014年)
2013

Event: A Philosophical Journey Through a Concept, (Penguin Books, 2014).
鈴木晶訳『事件!――哲学とは何か』(河出書房新社[河出ブックス], 2010年)
2014

The Most Sublime Hysteric: Hegel with Lacan, (Cambridge, UK; Malden, MA: Polity Press, 2014) [原著は博士号取得論文Le plus sublime des hystériques - Hegel passe, (Point hors ligne, 1988)]
鈴木國文・古橋忠晃・菅原誠一訳『もっとも崇高なヒステリー者――ラカンと読むヘーゲル』(みすず書房, 2016年)
2014

The Courage of Hopelessness: Chronicles of a Year of Acting Dangerously, (Penguin Books, 2017)
中山徹・鈴木英明訳『絶望する勇気――グローバル資本主義・原理主義・ポピュリズム』(青土社, 2018年)
2017
勇気をもらう方法///////////













































民主主義は、いま?——不可能な問いへの8つの思想的介入
2011

アメリカのユートピア——二重権力と国民皆兵制
2018

スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド2 倒錯的イデオロギー・ガイド(DVD)

神話・狂気・嘲笑(共著) 2015
オペラは二度死ぬ(共著) 2003

偶発性・ヘゲモニー・普遍性——新しい対抗政治への対話(共著)

●トニー・マイヤーズ『スラヴォイ・ジジェク』村山敏勝ほか訳、青土社、2005年/Slavoj Žižek, by Tony Myers, Routledge , 2003 . - (Routledge critical thinkers : essential guides for literary studies / series editor ; Robert Eaglestone)

"Slavoj Zizek is no ordinary philosopher. Approaching critical theory and psychoanalysis in a recklessly entertaining fashion, Zizek's critical eye alights upon a bewildering and exhilarating range of subjects, from the political apathy of contemporary life, to a joke about the man who thinks he's a chicken, from the ethicial heroism of Keanu Reeves in Speed, to what toilet designs reveal about the national psyche. Tony Myers provides a clear and engaging guide to Zizek's key ideas, explaining the main influences on Zizek's thought (most crucially his engagement with Lacanian psychoanalysis) using examples drawn from popular culture and everyday life. Myers outlines the key issues that Zizek's work has tackled, including: What is a Subject and why is it so important? The Imaginary, the Symbolic and the Real What is so terrible about Postmodernity? How can we distinguish reality from ideology? What is the relationship between men and women? Why is Racism always a fantasy? Slavoj Zizek is essential reading for anyone wanting to understand the thought of the critic whom Terry Eagleton has described as "the most formidably brilliant exponent of psychoanalysis, indeed of cultural theory in general, to have emerged in Europe for some decades." - https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA62758005 .

Part 1:

Why Zizek?

When Zizek Shudders (We Don't Have To):

Popular Culture and Philosophy?

Is This Not The Way To Read Zizek?

Subject Of A Biography: Biography Of A Subject

This Book

Part 2:

Key Ideas

Who Are Zizek's Influences And How Do They Affect His Work? (邦訳、第1章)

What Is A Subject And Why Is It So Important? (第2章)

What Is So Terrible About Postmodernity? (第3章)

How Can We Distinguish Reality From Ideology? (第4章)

What Is The Relationship Between Men And Women? (第5章)

Why Is Racism Always A Fantasy? (第6章)

Part 3:

After Zizek

The Curse of Jacques: Limitations On The Influence of Zizek

Leftism

Universal Criticism

The Retroactive Zizek

Furher reading

◎キー概念:ヘーゲル/マルクス/ラカン(Jacques Lacan, 1901-1981) /〈想像 界〉/〈象徴界〉/2つの他者/〈現実界〉/トラウマ/コギト/神/ポストモダン/楽しめ!/法/パラノイア/行為/シニシズム/虚偽意識/シニカルな主 体/クッションの綴じ目/信仰機械/女は存在しない/パフォーマティブなもの/女は男の症候である/性的関係は存在しない(il n'y a pas de rapport sexuel)There is No Sexual Rapport/倒錯/幻想/他者/人種主義/ 人種差別/ラクラウ/バトラー/デリダ/フーコー/アイデンティティ・ポリティクス/ネイティブ・アメリカンと「インディアン」/ニールス・ボーアの馬蹄 のジョーク/柄谷行人////////

文献(with password

●主体とは、あらゆる信念や関心、示差的特徴をとった後に残るものである

リンク

リンク

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2018-2019

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙