はじめによんでください

テレビに見るイノ ベーションの歴史

池田光穂

1
p.97
1. ハイテク技術のクアトロンが売れない理由は?
2

2. 娯楽の王者にして超ハイエンド商品だったテレビ
3

3. テレビの世界でも「破壊」をおこしたはソニー
4

4. ブラック企業並みの労働環境から生み出された次男坊
5

5. フランク・シナトラもお気に入り、アメリカでも大ヒット
6

6. 据え置き型テレビのイノベーションではすべて持続的
7
106
7. トリニトロンも液晶も持続的イノベーション
8

8. 液晶技術のトリクルアップの終着点=据え置き型テレビ
9
109
9. 薄型テレビ「敗戦」の原因→イノベーション状況の変化
10

10. 画素数:フルハイビジョンが当たり前に
11

11. コントラスト比:性能向上が感じられないレベルに
12

12. 反応速度:16倍速の描画さえも可能に
13

13. テレビを取り巻く環境は、破壊的イノベーションの状況へ
14
117
14. 画素数が4倍になった4Kテレビのメリットは
15

15. テレビを雇う、顧客の用事を分析
16

16. 暇つぶしという用事では有り難みは増えず
17

17. 情報収集の目的でも便益は向上せず
18

18. 感動を得るなら、一定の需要は認めるも……
19
123
19. 4Kテレビの世帯普及率はマッサージチェア程度か

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099

Do not paste, but [Re]Think our message for all undergraduate students!!!ふくろう