かならず よんでください

中川米造論

On my mentor Dr. Yonezoh Nakagawa, 1926-1997

池田光穂


 日本における医療人類学は敗戦から始まった!(風が吹けば桶屋が・・)



 中川学派?医療人類学の認識論的前提の検証



(1)医療は最初は民族学の研究領域からスポ イルされていた。

(2)民族学が非西洋 の原始医療の珍奇な面を強調し、現代医療との差異を主張してきたのは、白人優位思想によるものである。

(3)「医療」のようなもの――医療というラベルが貼られる以前の境界の曖昧な集合的 範疇のものである、名前はまだない――の共通点を発見することが人類にとっての「医療の原型」を明らかにすることにつながる。

以上である。この3つを現在の状況からチェックすると次のようなことが言える。


 W・H・R・リヴァースの現代的意義(この部分は別の論文の再掲に なります)



 まとめ――医療人類学のポストモダン?としての中川米造


Copyright Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2018

池田蛙  授業蛙  電脳蛙  医療人類学蛙