かならずよんで ね!

戦争

 war, guerra,

池田光穂

ウィキペディア(英語)の定義がもっとも標準的なの で、引用しよう。

"War is a state of armed conflict between states, governments, societies and informal paramilitary groups, such as mercenaries, insurgents and militias. It is generally characterized by extreme violence, aggression, destruction, and mortality, using regular or irregular military forces. Warfare refers to the common activities and characteristics of types of war, or of wars in general.[from Cambridge Dictionary] Total war is warfare that is not restricted to purely legitimate military targets, and can result in massive civilian or other non-combatant suffering and casualties." - War.

戦争は、単に諍いのことではなく、武装した人・法人・共同体・国家・国家間連合どうしの組織的な武力衝突のことで ある。

このように単純な現象一般を指して戦争と呼ぶことが 一般的であるが、トーマス・ホッブスの戦争の定義は、ユニークであり、そこに時間の要素と、戦争をする志向性を戦争の定義に含めている。

「……戦争とは、戦闘や闘争行為だけに存するのでは なく、戦闘によって争うとする意志が十分にうかがわれる継続する期間に存するからである。したがって、戦争の本質にかんしては、天候の本質にかんするばあ いと同じく、時間の概念が考慮に入れなければならない。すなわち、不良な天候の本質は、ひと降りふた振りのにわか雨にあるのではなく、連日にわたるそれへ の傾向にあるのであり、それと同じく、戦争の本質は実際の闘争に存するのではなく て、闘争への明らかな志向に存するのであり、その期間中は、反対の方向に向かうなんらの保証もないのである。その他のすべての期間は平和で ある」(ホッブス 1966:85)。

"and such a war as is of every man against every man. For war consisteth not in battle only, or the act of fighting, but in a tract of time, wherein the will to contend by battle is sufficiently known: and therefore the notion of time is to be considered in the nature of war, as it is in the nature of weather. For as the nature of foul weather lieth not in a shower or two of rain, but in an inclination thereto of many days together: so the nature of war consisteth not in actual fighting, but in the known disposition thereto during all the time there is no assurance to the contrary. All other time is peace." Ch.XIII from "THE LEVIATHAN"

つまり、戦争とは、単に武力が衝突している状態ではなく、時間の相において、かつ、戦争行為を志向するモード(様態)が含まれたものなのである。つまり、戦争とは、構造的なものであり、かつ、構造的なものでないと戦争とは言えないのである。

リンク

文献

その他の情報

Maya_Abeja

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2019

池田蛙  授業蛙 電脳蛙 医人蛙 子供蛙