参加型プログラム知デリ

知デリ「ほんとらしさのホント ~語る身体・踊る言葉~」

〜アート&テクノロジー:知術研究プロジェクト〜

知デリ「ほんとらしさのホント ~語る身体・踊る言葉~」

日 時:2012年3月20日(火・祝)18:00-20:00
場 所:萬福寺(堀江公園前/大阪市西区南堀江1-14-23)

ゲスト:いいむろ なおき(マイム俳優)
    金水 敏(大阪大学大学院文学研究科教授)  
 
定 員:50名(当日先着順)
備え付けの座席は40席になります。それ以降は立ち見になりますので予めご了承ください。
※参加無料/事前申込み不要


■「ほんとらしさのホント ~語る身体・踊る言葉~」
両手のてのひらを開いて肩まで上げれば「びっくりしている」ように見え、漫画で白衣を着た老人が「~じゃ。」と話せば「博士だ」と思う。実は不自然だけれど、自然に受け取ってしまう「ほんとらしさ」。普段の暮らしにも隠れている「ほんとらしさ」の秘密をのぞいてみませんか?今回の知デリでは、国内外で活躍するマイム俳優・いいむろなおき氏と、役割語研究の第一人者・金水敏氏をゲストにお迎えし、お二人の対談を通して、身体と言葉を出発点に "相手に伝える・伝わる"仕組みの「ホント」を探ります。

いいむろ なおき(マイム俳優)

iimuronaoki.jpgパリ市マルセル・マルソー国際マイム学院卒業。1998年、拠点をフランスから日本へ移し「いいむろなおきマイムカンパニー」の名称で活動を開始。舞台公演、ワークショップや指導、マイム演出、海外フェスティバル参加等、幅広く活動中。2005年(H17年度)文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。文化・芸術のオリンピック「世界デルフィックゲーム」即興マイム部門2009年金メダリスト。2011年(H23年度)兵庫県芸術奨励賞受賞。http://mime1166.com/


撮影:堀川高志(kutowans studio)


金水 敏(大阪大学大学院文学研究科教授)

kinsuisatoshi.jpg1956年、大阪生まれ。大阪大学大学院文学研究科教授。東京大学大学院修士課程修了。大阪女子大学講師、神戸大学文学部助教授等を経て現職に至る。博士(文学)。専門は日本語の文法史および役割語の研究。編著書に『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』(岩波書店、2003)、『日本語存在表現の歴史』(ひつじ書房、2006)、『役割語研究の地平』(くろしお出版、2007)、『役割語研究の展開』(くろしお出版、2011)他。



■「知デリ」とは?
「知デリ」とは、科学技術・臨床・哲学・アート・減災など、多岐にわたる分野のメンバーで構成する大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)が、学内外の施設とコラボレーションし、多彩なゲストの対談を通して「表現」や「技術」に関する知術を社会に還元(デリバリー)するトークプログラムです。2007年度から学生主体での企画を実施し、本プログラムに関しても有志学生が企画しています。

=============================
企画:知デリ学生スタッフ(落合智弘 岡直哉 鈴木寛和 新倉奈々子 濱崎杏子 松延徹人 米田千佐子)
制作:CSCDワーキングメンバー(木ノ下智恵子 久保田テツ 小林傳司)
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
制作協力:NPO recip [地域文化に関する情報とプロジェクト]

問い合わせ:
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
大阪府豊中市待兼山1-16 大学教育実践センター教育研究棟1-4階
TEL: 06-6850-6111(豊中キャンパス代表)
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/