CSCDとは

CSCDの沿革

大阪大学コミュニケーションデザイン・センターは2005年4月に誕生した新しいスタイルの教育研究機関です。大阪大学が掲げる教育目標「教養」「デザイン力」「国際性」のうち、「デザイン力=柔軟な想像力」の育成を目的に設置されました。

全学大学院生を対象にした共通教育を担うと共に、2008年からは大阪大学博士前期・後期課程学生向けの「高度副プログラム」も提供。また、学外スペース「アートエリアB1」における社学・地域連携文化活動が、2009年メセナアワード「文化庁長官賞」を受賞するなど、その活動は内外で高い評価を受けています。

2002年(平成14年)

  • 科学技術政策提言「臨床コミュニケーションのモデル開発と実践」(平成14年~15年文部科学省・科学技術振興調整費)(~2003年)の報告書の中で、コミュニケーションを実際に教育研究する機関の必要性が提言される。
  • 「インターフェイスの人文学」(文部科学省21世紀CEOプログラム/大阪大学文学研究科・人間科学研究科・言語文化研究科)において、「臨床と対話」研究グループが、医療・福祉、災害、科学技術などの問題を担当。(~2006年)

2003年(平成15年)

  • 大阪大学の教育目標として「教養・デザイン力・国際性」を掲げ、3つのセンター設立が計画される。すなわち「教養⇒大学教育実践センター」「デザイン力⇒コミュニケーションデザイン・センター」「国際力⇒グローバルコラボレーションセンター」である。

2004年(平成16年)

  • 大阪大学 独立行政法人化
  • 全学学部生向けの共通教育を担当する「大学教育実践センター」設立

2005年(平成17年)

  • 全学大学院生向けの共通教育を担当する「大阪大学コミュニケーションデザイン・センター」設立

2007年(平成19年)

  • 国際協力と共生社会に関する教育研究を担当する「グローバルコミュニケーションセンター」設立(4月)
  • 大阪外国語大学と大阪大学が統合(10月)

2008年(平成20年)

  • 大阪大学において、博士前期・後期課程学生向けの高度副プログラム制度がスタート。CSCDでも「コミュニケーションデザイン」を提供、実施。

2009年(平成21年)

  • メセナアワード2009(主催:社団法人日本メセナ協議会)にて、中之島線なにわ橋駅「アートエリアB1」における社学・地域連携文化活動が【文化庁長官賞】を受賞

2010年(平成22年)

  • CSCDの教育研究部門を3部門から5部門に改変。