知デリ「ひと×人 幸福論」

活動レポート

知デリ「ひと×人 幸福論」

2011.9.29  Apple Store

9月29日、Apple Storeにて開催された知デリ「ひと×人 幸福論」。学生スタッフによるレポートです。「幸せ」をテーマにした対談で浮かび上がってきたのは、「共有」というキーワードでした。...

気になるダンサーと臨床コミュニケーションを探る

コラム

気になるダンサーと臨床コミュニケーションを探る

西川 勝(CSCD特任教授)

2012年3月 6日(火) 公開

「気になるダンサー」が子どもや高齢者、アンドロイドと即興で繰り広げるダンス。元看護士の哲学者は、そこにどんな臨床コミュニケーションの形を見いだしたのでしょうか?...

「規定路線に乗らないこと」が

インタビュー

「規定路線に乗らないこと」が"cutting edge"を生む

上田晶子(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授)

2012年2月 5日(日) 公開

異なる領域からゲストを招きトークプログラムを提供する、「知デリ」。2011年9月29日の「ひと×人 幸福論」に登壇された上田晶子さんにうかがいました。...

高校生も「白熱教室」にチャレンジしたい!

インタビュー

高校生も「白熱教室」にチャレンジしたい!

白熱教室 in 豊中高校 -「NHK白熱教室JAPAN in 大阪大学」の反響から

2012年2月 4日(土) 公開

NHK「白熱教室JAPAN」放映終了後、寄せられた反響の中には、「自分たちもしてみたい!」という共同実施の要望もある。ここでは、それをいち早く実現させた大阪府立豊中高等学校の先生に、経緯や実施後の手ごたえを聞いた。(プロジェクト名:基礎探究...

「研究の社会的責任」の四年間

コラム

「研究の社会的責任」の四年間

2012年1月20日(金) 公開

大学院生たちが、アカデミックな研究が現代の社会状況や文脈の中でどのような位置におかれているか、自分たちの知識や能力、専門性をどのような方向に伸ばし、またそれを活用するかについて考える授業、「研究の社会的責任」。4年間の授業からみえてきた、大...

知デリ「ひと×人 幸福論」

活動レポート

知デリ「ひと×人 幸福論」

2011.9.29  Apple Store

2012年1月 5日(木) 公開

9月29日、Apple Storeにて開催された知デリ「ひと×人 幸福論」。学生スタッフによるレポートです。「幸せ」をテーマにした対談で浮かび上がってきたのは、「共有」というキーワードでした。...

専門分野と「うすーく」つながる、CSCDの授業

インタビュー

専門分野と「うすーく」つながる、CSCDの授業

都市ツーリズム論

2011年12月21日(水) 公開

一見、自分の専門と全く関連のない授業から、受講生は何を学ぶのでしょうか? 保健学専攻の塚田さんが、「都市ツーリズム論」を受講して得たものとは?...

白熱教室 受講生感想

活動レポート

白熱教室 受講生感想

2011年12月 7日(水) 公開

NHKの人気番組「白熱教室」で、10月から11月にかけて放映されたCSCD小林傳司教授の授業。受講生の感想を紹介します。...

コラム

"まち"を観光するということ~手探りのコミュニティ・ツーリズム~

茶谷 幸治(CSCD招へい教授)

2011年11月23日(水) 公開

今年度CSCDで「都市ツーリズム論」という集中講義を担当した、大阪あそ歩チーフプロデューサー茶谷幸治氏によるコラム。新しい観光のあり方として注目を集める「コミュニティ・ツーリズム」が、従来の観光と異なる点とは?...

難解でも本物、科学技術と社会という問題に挑む白熱教室

インタビュー

難解でも本物、科学技術と社会という問題に挑む白熱教室

寺園 慎一(NHKエンタープライズ)

2011年10月26日(水) 公開

NHKの人気番組「白熱教室」で、10月30日から4週にわたってCSCD小林傳司教授の「科学技術と社会の関係」に関する授業が紹介されます。番組制作者がこの授業に注目した理由は? 対話型授業の意義は? NHKエンタープライズの寺園慎一さんにお聞...

場所で変わる対話の不可思議?:臨床コミュニケーション的思考のすすめ

コラム

場所で変わる対話の不可思議?:臨床コミュニケーション的思考のすすめ

池田光穂

2011年10月12日(水) 公開

CSCDの池田光穂先生が、授業や会議の写真を撮りまくる理由は? 今回のコラムは、文化人類学者による臨床コミュニケーションのすすめ。...

「こうしていれば」思いを胸に、次は高校生と

インタビュー

「こうしていれば」思いを胸に、次は高校生と

科学技術コミュニケーション理論と実践(3)

2011年10月 3日(月) 公開

CSCDの授業の特徴は、多様な研究科の学生が集まること。受講した人が「もう一度やりたい」、そう思う理由は? 「科学技術コミュニケーション理論と実践」の受講生にききました。...

日常的な話し合いを社会的議論につなげる

コラム

日常的な話し合いを社会的議論につなげる

山内 保典

2011年9月29日(木) 公開

科学技術について専門家と非専門家が一緒に考えるために、どのような仕組みが必要なのでしょうか? 実際に行われた再生医療に関する取り組み、熟議キャラバン2010から考えるコラムです。...

知のジムナスティックス~学問の臨床、人間力の鍛錬とは何か~

活動レポート

知のジムナスティックス~学問の臨床、人間力の鍛錬とは何か~

CSCD Presents 大阪大学創立80周年記念関連事業

2011年9月20日(火) 公開

2011年8月5日、CSCDが大阪大学80周年記念事業として開催した「知のジムナスティックス」。多分野で活躍する豪華なゲストと、他大学の学生まで巻き込んだ駅のなかでの公開対話。総勢11名の登壇者による「無茶なラウンドテーブル」は、どのように...

かるたで話す・考える〜ワークショップデザイン

活動レポート

かるたで話す・考える〜ワークショップデザイン

ワークショップデザイナー・カフェ 三百人(!?)一首

2011年9月 6日(火) 公開

8月27日、京阪電車なにわ橋駅の構内で、ちょっと変わった「かるたとり」が行われました。企画したのは、ワークショップデザイナー育成プログラムの修了生たち。ワークショップデザインについて語る場を、彼らはどのようにデザインしたのでしょうか?...

アフリカと私〜研究遍歴紹介の補足として 

コラム

アフリカと私〜研究遍歴紹介の補足として 

三成 賢次

2011年8月19日(金) 公開

コラム第2弾は、三成センター長です。JICAの委託事業「地方政府改革プログラム」、アフリカの地方行政スタッフを対象とした研修からみえてきた課題とは? ...

「おや」も「こ」も「おやこ」も、大歓迎!

活動レポート

「おや」も「こ」も「おやこ」も、大歓迎!

子どもにまつわるカフェプログラム「子カフェ」

2011年7月27日(水) 公開

CSCDでは、地域の方が参加できる様々なイベントを開催しています。今回は、子どもにまつわるカフェプログラム「子カフェ」の様子をちょこっとご紹介しましょう。...

東日本大震災、考えるべき問いは何か?

活動レポート

東日本大震災、考えるべき問いは何か?

科学技術コミュニケーション理論と実践(2)

2011年7月20日(水) 公開

様々な研究科の大学院生が集まって、現代の科学技術問題について考える授業。東日本大震災について、受講生はどのように考えたのでしょうか?...

自分の研究、説明できる?

活動レポート

自分の研究、説明できる?

科学技術コミュニケーションの理論と実践(1)

2011年6月17日(金) 公開

東日本大震災をテーマに、様々な研究科に所属する学生たちが議論する授業。それぞれの領域の専門家として社会のなかで必要なコミュニケーションの力を身につけるため、彼らに最初に課された課題とは? ...

シナモンに魅せられて〜ベトナム・タコバス紀行

コラム

シナモンに魅せられて〜ベトナム・タコバス紀行

内野 花

2011年5月28日(土) 公開

みなさんはのどかな田園風景がお好きだろうか? シナモンに魅せられ、初めてバックパックの旅に出た医学史研究者のベトナム紀行。 ...

からだが話すってどういうこと?(2)

活動レポート

からだが話すってどういうこと?(2)

からだトーク「風にそっと舞うよ」

2011年5月11日(水) 公開

ジャワ舞踏家の佐久間さんと理学療法士の玉地さんをゲストに「身体」の声に耳をすます試み、からだトーク。後半は、身体ワークの様子をご紹介します。...